カテゴリー

アーカイブ

オーガズムで男女の産み分けが出来る?真相を徹底調査!

[2018年3月6日]

オーガズムで産み分け

赤ちゃんを望む時「女の子がいい」とか「男の子がいい」なんて会話よくありますよね。
現在では産み分けゼリーなんてものが出来たり、病院での産み分けなんて言うものも出来るようになっています。

男女の産み分けには、中国式・ブラジル式産み分けカレンダーというのがとても有名ですが、この他に「女性のオーガズムの程度によって男女産み分けられる」なんて話聞いた事ありませんか?

ここではオーガズムによる男女の産み分けが可能なのか?可能だとしたらその根拠は?どの位の確率で産み分けられるのか?といったオーガズムでの男女の産み分けについて真相を徹底調査してみました!

そもそもオーガズムで男女の産み分けが出来るのか?

結論から言うと、女性のオーガズムの度合いで男女の産み分けをする事は可能といわれています。

それには、女性がオーガズムを感じる事で変化する膣内のpHが大きく関わっています

どういうことなのか?ここから詳しくお話していきます。
女性の膣内は通常「酸性」で、これによって膣内を雑菌から守り膣内環境を清潔に保っています。

しかし、この膣のpHは排卵日・愛液(膣分泌液)によって酸性から弱酸性→中性→アルカリ性と変化するのです。

膣内のpHは、最も妊娠しやすい排卵日に卵巣から子宮に卵子を送る「子宮頚管」というところから子宮頚管粘液というアルカリ性の液が分泌され、弱酸性から中性程に変化します。

そして更に性的興奮によって分泌されるこちらもアルカリ性の愛液(膣分泌液)によって膣内のpHはどんどんアルカリ性に近づいていくのです。

このpHの変化により生き残って受精する精子が、男の子の染色体をもつ精子か女の子の染色体をもつ精子かの確率を大きく左右するのです。

では次に、膣内のpHと男女の産み分けについて詳しく説明します。

膣内のpHと男女の産み分けの関係

まずは、どのようにして性別が決まるのか?という事からお話します。

男性の精子には、女の子の染色体をもつX精子と男の子の染色体をもつY精子があり、受精した精子がX精子なら女の子・Y精子なら男の子となります。

つまり、性別は男性の精子によって決まるわけです。

次に、膣内のpHとの関係性についてですが、X精子とY精子がもつ特徴に関係しています。

X精子とY精子の特徴

X精子とY精子それぞれがもつ特徴の1つとして酸性に強いかアルカリ性に強いかという事があります。

男女産み分けには、オーガズムで膣内pHを授かりたい方にコントロールするという事もポイントであるという事と、オーガズムによって産み分けられるという事の証明とも言えます。

オーガズムで男女の産み分けをコントロールする方法

先にお伝えしておきますが、膣内のpHにも個人差があり、もともと酸性度が強くない人もいれば逆の人もいたりします。
ですので、この方法を行えば必ず希望の性別で産み分けできるといったものではありません

また、言うまでもない話ですが、妊娠を望むのであれば排卵日付近のセックスを狙いましょう。

男の子を望む場合

男の子を望む場合は、膣内のpHを出来るだけアルカリ性に近付けるという事がポイントになりますので、女性を沢山感じさせて愛液を沢山分泌させる濃厚なセックスをしましょう。

Y精子は数が多く早く泳ぐ事が出来る反面、酸性に弱く寿命が短いので子作りのタイミングは排卵日が最も有効です。

女の子を望む場合

女の子を望む場合は、膣内のpHをあまりアルカリ性にしないようにするため、物足りないかもしれませんが女性がオーガズムを感じない程度であっさりしたセックスを心掛けましょう。

また、子作りのタイミングですがX精子は酸性に強く寿命が長いものの、数が少ないので排卵日の2日前が最も有効です。

オーガズムコントロールでの産み分けの成功率は?

オーガズムのコントロールで男女の産み分けが可能だという事が根拠と共に分かったところで、次に気になるのは「それでどのくらいの確率で産み分けられるのか?」という事ではないでしょうか?

生理周期がしっかりとしていて、且つ、産み分けしやすい体質である場合で、先に説明した産み分けの原理等をしっかりと理解した上で子作りすれば産み分けの成功率は80%程と言われています。

産み分けゼリーの活用も有効的!

先にも少し紹介しましたが、今では産み分けゼリーというものが出ていて、膣内のpHを人工的にアルカリ性・酸性にコントロールする事が出来ます。

オーガズムコントロールでの産み分けと同時に使用することで、産み分け成功率は90%程に上がるとも言われていますが、1回分(1本)の値段が1万円程します。

オーガズムで男女の産み分けが出来る?まとめ

女性のオーガズムが男女の産み分けに深く関係していたなんて驚きですね。

また、性別を決めるX精子とY精子にそれぞれ相対的ともいえる特徴があるというのも知らない人は多かったのではないでしょうか?

希望の性別がある方は是非、子作りの際にオーガズムに気を遣って希望の性別での産み分け成功率を上げてみて下さい。

カテゴリー

アーカイブ