カテゴリー

アーカイブ

精液を飲むといい効果あるの??性病やHIVのリスクも知ろう!

[2018年2月2日]

精液を飲むイメージ

彼が射精した精液を飲んでほしいと言われた経験ってありませんか?

精液を飲むとお肌がきれいになるなど言われたりしますが、実際にはどんな効果があるのでしょうか。また、性病やHIVのリスクがあるとも言われています。

安全な性行為を行うためにも、効果やリスクを知っておきましょう。

精液って飲んでもいいの?

精液は、精子と精しょうからできた乳白色の液体です。精液の全体の約1%~5%が精子で、残りがたんぱく質などの栄養素からできています。

主に、タンパク質やアミノ酸、クエン酸、亜鉛、果糖などからできているので、吸収、消化されていきます。

食品に含まれているような栄養素と変わりないので、飲んでも問題はありません。

ただ、健康増進効果を発揮するほどの栄養素が摂れるわけではないので、飲んでも飲まなくても健康状態はほぼ変わりないでしょう。

WHO(世界保健機関)によると、射精時の精液量は1回当たり平均2mlであると公表しています。

精液のほとんどがタンパク質でできているといっても、2gも摂れない微々たる量です。日本の厚生労働省では、1日に必要なタンパク摂取量は、男性50g、女性40gと発表されています。

それから考えるとごくわずかな量であり、健康に害があるわけではないですが、精液で元気になる効果は期待できません。

精液を飲んでも美肌効果はなし

精液にはタンパク質が豊富に含まれているから、美肌効果が期待できるなんてよく言われますが、残念ながらその効果は期待できません。

さきほど説明したように、精液に含まれるたんぱく質の量は2gも満たない量です。精液を飲んでお肌にハリを与えるような美肌効果は期待できないのです。

精液で美容効果を期待するよりは、お肉や野菜など食べ物から栄養素をバランスよく摂る方が断然美肌効果があるでしょう。

精液の味ってどんな味?

精液の味は、苦いや甘い、漂白剤みたいなど感想はさまざまです。精液に含まれる亜鉛は苦味として、果糖は甘味として感じたりします。

精液の味は、独特な臭いと味、さらにドロッとしていて、決しておいしいというものではないというのは事実です。どうしても苦手な場合は、ティッシュにそっと出して捨てるようにしましょう。

ときどき、精液の味は男性が食べるものによって変わると言われたりしますが、特に科学的な根拠のある話ではないので迷信と言っていいでしょう。

精液を飲むと幸福感が得られる!?

精液には、コルチゾン、エストロン、オキシトシン、セロトニンなど気分を高揚させたり、幸福感を与える物質が入っています。

これら、幸福感を与える物質も精液中に含まれる量としては微量です。これもまた、精液を飲んだから幸福感を感じるとは言えません。

むしろ、精液に入っている物質で幸福感を得るわけではなく、好きな人とのスキンシップや肌と肌の触れ合いによって脳が刺激され、これら幸福感を与える物質がたくさん放出されることによって、幸福感を感じるものだと考えられます。

⇒幸せホルモン「オキシトシンの効果」についてはこちらをご覧ください。

精液にはうつの発症を予防効果がある!?

ニューヨーク州立大学の心理学者、ゴードン・G・ギャラップ博士が、性科学の学術誌『Archives of Sexual Behavior』 記載された精液の抗うつ特性について調べた研究があります。

この研究では、239人の女子学生を対象に、膣内で放出される精液が女性の心理に与える影響を調査しました。

コンドームを使用しないで性行為を行った女性、コンドームを使用して性行為を行った女性、まったく性行為をしていない女性で比べた結果、コンドームを使用しないで性行為を行った女性が、うつを発症する人が少なかったと報告しています。

ただ、この研究では膣内で射精した場合の調査であり、口から精液を飲んだ場合の調査ではないので、飲むことによってうつの発症を予防できるかは不明です。

性病・HIV感染のリスクに注意

性行為では、精液と接触するため性病やHIVなどの感染症にかかるリスクがあります。

もしパートナーが梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス、HIVなど何らかの性感染症にかかっていた場合、精液中には病原菌やウイルスが含まれています。

そして、性器や口腔内の粘膜との接触を介して感染してしまいます。フェラなどのオーラルセックスでも性病に感染します。

さらに、口の中に傷口などがあった場合はそこから細菌やウイルスが侵入しやすくなるので特に注意してください。

このように性行為や精液を飲むといった行為を行う場合は、性病・HIV感染のリスクを伴うので注意しましょう。

予防としては、不特定多数の人と性行為を行わない、コンドームをつける、性行為前にはシャワーを浴びるなどが挙げられますがどれも完全に予防できるわけではありません。

まとめ

精液を飲んでも特に問題はありません。ただ、精液を飲むことで美肌効果や健康増進効果を期待できるほどでもありません。

愛を深める行為のひとつではありますが、飲むことのメリットはみつかりませんでした。

また、性行為や精液を飲むといった行為は性病などへの感染リスクもあります。これらの行為に及ぶときには、注意が必要であることを知っておいてください。

カテゴリー

アーカイブ