カテゴリー

アーカイブ

【ハマる人続出】二人の愛を深める性感マッサージ方法とやり方のコツ

[2018年3月5日]

性感マッサージ

性感マッサージと聞くと男性向けの風俗などと同じエロいお店をイメージする人が多いでしょう。

しかし、今では女性用の性感マッサージ店なども増え、男女問わず性感マッサージにハマる人が続出しています。

性感マッサージは誰でも簡単にできます。パートナーと互いにし合いっこしてさらに愛を深めたり、脱マンネリにも持ってこい!

ここでは、男性向け・女性向けの快感マッサージの方法や、やり方のコツなどを分かりやすく紹介します。

快感マッサージはいかがわしいもの?

性感マッサージにも色々あるので、おそらく性感マッサージに対して「いかがわしい」イメージを持った人が多いかもしれません。

しかし、ここで紹介する性感マッサージは決していかがわしいものではなく、パートナー同士だからこそできる二人の愛を深めて心身ともに癒されるマッサージです。

最近マンネリ気味・いつもと違ったプレイがしたい・パートナーの身も心も癒し、いっぱい感じさせてあげたいなどという思いを叶えるのに最適なので、是非取り入れてさらに愛を深めて欲しいと思います。

性感マッサージの方法:用意するものとやり方のコツ

性感マッサージで用意するもの

性感マッサージは何もアイテムを使わなくても素手だけで行う事が出来ますが、使った方が格段に良いですので性感マッサージを始める前に用意しておくことをお勧めします。

性感マッサージで用意するアイテムは「ベビーパウダー」と「アロマオイル、又は、ローション」です。

ベビーパウダーとアロマオイルかローションですが、これはどちらかだけでもOKです。(どちらか1つにするのであればアロマオイルかローションの方をお勧めします。)

性感マッサージのやり方のコツ

性感マッサージを行うときのやり方のコツは「焦らし」と「マッサージの順番」。

初めは性感帯から離れたところから焦らしに焦らして徐々に性感帯に向かって、触れるか触れないかの滑るようなソフトタッチなどの焦らしボディータッチで焦らし、上下や左右・円を描くように・ウエーブなど強弱を付けながらマッサージするのが性感マッサージのやり方のコツです。

ワンポイントアドバイス

ワンポイントアドバイスとして、性感マッサージを行う前にシャワーや湯船に浸かるなどして体をよく温めておき、マッサージを行う部屋も冷えないように暖かくしておく事で血行が良くなり得られる感度やほぐれ具合が増します。

性感マッサージの方法:男性向け

男性は女性よりも性感帯の範囲などが限られています。そのため全身をマッサージしますが、主にはペニス、睾丸、乳首、アナルを中心的に刺激します。

男性向け性感マッサージ(第一段階)

まず始めは背面からマッサージ。

  1. うつ伏せに寝てもらい、ベビーパウダーを適量手のひらに取るか直接ふり掛け、背中全体に塗ります。
  2. 先にあげたやり方のコツを使い、背中全体をゆっくり時間をかけてマッサージします。
  3. 背中が終わったら、今度は二の腕→脇腹→おしり→太もも→ふくらはぎ→足の裏の順に同じくマッサージを行っていきます。(ふくらはぎ~足の裏はくすぐったいだけで性感帯でない男性がほとんどなのでサッとでOK。)

男性向け性感マッサージ(第二段階)

次は表面をマッサージ。

  1. 仰向けに寝てもらい、ベビーパウダーを適量手のひらに取るか直接ふり掛け、鎖骨(首から胸元にかけてのデコルテライン)全体に塗ります。
  2. うつ伏せの時と同じ要領で鎖骨→胸・乳首→お腹→脇腹→太もも→ひざ→スネ→足の甲の順に同じくマッサージを行っていきます。(1番の性感帯である股間はスルー・ひざ~足の甲はくすぐったいだけで性感帯でない男性がほとんどなのでサッとでOK。)

男性向け性感マッサージ(第三段階)

足の甲から太ももまで戻り、いよいよ股間エリアのマッサージです。

  1. まずは、股を開いてもらいローションを股間全体に塗ります。
  2. 肛門を中指で優しくなで、肛門の筋肉をほぐします。
  3. ほぐれて来たら肛門にゆっくりと少しずつ中指を出し入れしながら指の付け根まで入れ、中指を少し曲げて中指の先を上の腸壁に当てこすったり押したりして刺激を与えます。
  4. 肛門へのマッサージが済んだら、次は会陰と呼ばれる肛門と玉の間の部分を指で上下に優しくさすります。
  5. そこから玉全体を転がす様にさすったりし、徐々に竿→亀頭に向かってマッサージしていきます。

男性向け性感マッサージのワンポイントと注意点

肛門をマッサージする際には、同時に空いている方の手で乳首や内ももなど別の場所もマッサージすると効果倍増です。

また、肛門や股間部分をマッサージする際は力加減と爪を立てないよう注意してください。特に股間(玉・竿・亀頭)部分は軽く爪が当たっただけでも痛みを伴います。

性感マッサージの方法:女性向け

女性はゆっくりと時間をかけて快感を受ける事で精神的にも興奮が増しイキやすくもなります。それまでイッた事がなくても性感マッサージでイってしまうという人もいます

女性向け性感マッサージ(第一段階)

まずは普通のマッサージで体全体をほぐします。

  1. うつ伏せで寝てもらい、ベビーパウダー又はアロマオイルかローションを使い、足の指先→足首→ふくらはぎ→太もも→足の付け根→お尻→腰→背中→肩→腕→首筋と、足先から首まで下から上に向かって普通のマッサージを行います。
  2. 次に仰向けに寝てもらい、足の指先→足の甲→足首→ふくらはぎ→太もも→足の付け根→鎖骨(首から胸元にかけてのデコルテライン)→腕の順で同じく普通のマッサージを行います。

女性向け性感マッサージ(第二段階)

普通のマッサージが終わったら、いよいよ性感マッサージ開始です。

  1. 男性同様、まずはうつ伏せで寝てもらいアロマオイルかローションを使って背中から二の腕→脇腹→おしり→太もも→ふくらはぎ→足の裏の順にマッサージを行っていきます。
  2. 次に、仰向けに寝てもらい鎖骨→胸・乳首→お腹→脇腹→太もも→ひざ→スネ→足の甲の順に同じくマッサージを行っていきます。(ここまでは男性向けの性感マッサージと同じで股間部分はスルーします。)

女性向け性感マッサージ(第三段階)

この頃にはもうだいぶ敏感になっているでしょう。ここからクライマックスですw

  1. 仰向けのまま少し足を開いて大の字で寝てもらい、アロマオイルかローションを使いビキニラインから女性器の外側(外性器)→小陰唇→膣の入り口→クリトリスの順で優しくマッサージします。
  2. 中指をゆっくりと膣の中へと入れ、中指を曲げて上の膣壁に指先を当て擦るように上下に抜き指しします。(いわゆる手マンです)
  3. 抵抗がない女性であれば肛門も男性向け性感マッサージの方法同様マッサージします。(女性は特に好き嫌いが分かれるのでやる前に聞いた方がいいでしょう。)

女性向け性感マッサージのワンポイントと注意点

女性器も男性器同様とても敏感でデリケートな部分です。爪で傷つけてしまわないよう注意し優しく扱いましょう

女性もやはり同時攻めは効果を倍増させます。また、胸は乳首の周りなどをなでるだけでなく、手のひらで包むようにして揉むのもいいです。

性感帯である乳首や股間部分は時間を掛ければ掛けるほど敏感になりイキやすくなるので、特にじっくりと時間をかけマッサージを行うと良いです。

性感マッサージの方法まとめ

性感マッサージはセックスとはまた違った快感があり、心身を癒すマッサージ効果もあります。

普段のセックスがマンネリ化していたり、何か新しい刺激が欲しい、最近仲が微妙になってきた...などというカップルや夫婦であれば是非「今日はマッサージしてあげるよ」と性感マッサージを行ってみて下さい。

きっと刺激的で有意義なひと時が過ごせ、二人の愛が一層深まるでしょう。

カテゴリー

アーカイブ