カテゴリー

アーカイブ

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニック

[2018年2月5日]

キス

男性も女性も思わずトロけてしまいそうなメロメロキスを経験した事ってありませんか?
キスってただ唇を重ねるだけなので簡単そうですが、上手い・下手ってありますよね。

キスも1番は相手を愛する気持ちですが、やっぱりテクニックがあって上手い方が良いです。

その時はそんなに恋愛感情などがなくても、上手なキスで好きになってしまう...なんてこともあります。

そこで今回は、相手の身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックをご紹介したいと思います。

お口のエチケットはしっかりと!

どんなにキスのテクニックがあっても、口臭がする...などでは話になりません。
キスのテクニックを磨く前にまずは歯や舌をしっかりと磨きましょうw

また、乾燥したカッサカサの唇では痛くて不快です。

唇のケアも忘れず、柔らかくてプルプルの唇を保ちましょう。(あと、鼻毛もね!w

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックーその1-

キスは唇が重なる前の段階もとっても大事!
キスするまでの雰囲気とキスまでの間でドキドキ感が変わり、それによってキスの感覚も変わります。

会話で盛り上がって気持ちをリラックスさせ、徐々にキスへの雰囲気作りをし、ムードが高まってきたら相手の目を見つめてゆっくりと顔を近付けましょう。

ここでのポイントは「キスしたい」という気持ちを抑えてゆっくりと徐々に雰囲気とお互いの気持ちを高めること!

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックーその2-

自然なボディータッチも上手なキスに必要なテクニック要素の1つです。

これは最初の雰囲気づくりの際もそうなのですが、やらしさのない自然なボディータッチで一気にキスへの流れができ相手もその気にさせることができます。

逆に言えばこのボディータッチの際に相手が拒絶反応を示したりしていたら無理にキスに持って行ったりしてはいけません。相手に嫌な思いをさせてしまい、その後の関係にも大きく影響するので気を付けましょう。

身も心も鷲掴みにする上手なキスは相手の気持ちを確かめながらムードを作ってリードする事が出来るか?がカギでもあります。

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックーその3-

海外のドラマや映画、AVやマンガなどでいきなりガッツリな激しいディープキスをしているシーンなど見たことありませんか?

そういったキスが好きな相手であれば問題ありませんが、そうでない、あるいはそうであるか分からない相手の場合にいきなりこうした激しいキスをしてしまうのはNG!

まずは唇が触れるだけの軽いキスからゆっくりとディープに盛り上げていくのが、身も心も鷲掴みするキスのテクニックポイントです。

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックーその4-

思いやるを感じるキス=上手なキスとも言えます。

キスが上手いと感じる男性についての女性の意見があったので、ここで少しご紹介したいと思います。

●こちらに無理な動きをさせず、自然に舌や唇を動かせるようにしてくれる人はうまいと思う。(27歳女性/情報・IT/技術職)

●とにかくゆっくりと丁寧なキスをされると上手だと思います。(23歳女性/不動産/事務系専門職)

●唇や舌に「硬さ」のない、柔らかいキスをする人は上手だと思います。(39歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

●まずは鼻や歯がぶつからないのが第一。(36歳女性/情報・IT/事務系専門職)

●情熱的なものより、ゆっくりと唇をなでるようなキスはうまいと思う。(32歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

●キスが上手な人はキスのときの音も下品じゃない。うまい人はきれいに「チュッ」と鳴る。(28歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

引用元:マイナビウーマン

このように相手のペースや反応、雰囲気などを上手く組み取りながらエスコート出来る事が相手が上手いと感じるキスであるという事がわかります。

身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックーその5-

キスが上手な人はキスのパターンも豊富!
Hと同じで毎回同じではなく、その時々で違ったキスをされたらその度に刺激的ですよね。

キスの種類を沢山知らなくても、普段のキスを少し変化させるだけでも感じ方が変わるのでちょっと意識してみるといいです。

身も心も鷲掴みしてしまうキステクニックまとめ

以上が身も心も鷲掴みしてしまうキスのテクニックでしたが、いかがでしたでしょうか?

色んなキスの種類を覚えたりしなくても、ゆっくりと相手を思いやりながら優しくキスすれば自然と上手なキスになります。

その時々でちょっと仕方を変えて違った刺激で盛り上がるのもいいでしょうし、キスでしっかり愛を感じ、身も心も鷲掴みにしてしまえばその後のHももっと良いものになるのは間違いないでしょう。

カテゴリー

アーカイブ