カテゴリー

超便利!バイアグラのODフィルムが最高!但し欠点も…

[2016年11月14日]
viagra-od-film

バイアグラが厚さ0.2㎜のフィルムに

1999年に日本でバイアグラが発売されてから現在に至るまでに各メーカーから多くのジェネリックも発売されていますが、2016年10月21日遂にファイザー社から新型バイアグラの「バイアグラODフィルム」が発売されました。

厚さ2㎜のフィルムタイプのバイアグラで成分は同じシルデナフィルクエン酸塩を25mgと50mg含む2種類です。非常に薄い形状に生まれ変わって携帯性に優れている点とOD錠のためどこでも水無しで服用できるという利便性が備わっています。

ファイザー社が行った調査では、ED治療薬を服用する方の約6割の方が、普段使っているカバンなどに入れて持ち歩いているという事が明らかになりました。ファイザー社はそういった実態を元に携帯性や利便性の向上を狙ってODフィルムタイプのバイアグラを開発しました。

大きさは25mgの外装で6.4cm×3.2cm、50mgだと6.4cm×4cm、厚さは約0.2㎜と非常にコンパクトです。これなら常に携帯する財布やスマホケースに忍ばすことが出来、仕事の日と休みの日で変わるカバンによる携帯忘れを防ぐことが出来ます。

錠剤タイプのバイアグラとフィルムタイプメリット・デメリット

コンパクトなODフィルムとなって携帯性、服用の利便性が向上したバイアグラODフィルムですが、他に変わったことはないのでしょうか。疑問に思う方もいると思いますが、基本的に通常のバイアグラと違いはありません。

通常のバイアグラと同様に、性行為の約1時間前に服用すること、服用は1日1回までで、次回の服用までは最低24時間以上あけることや、効果の持続時間が最長約5時間、満腹時の服用は効果を弱めるため空腹時や食後であれば2時間以上あけてから服用することなど全て同じです。

しかし、フィルムになった事で今までのバイアグラとは異なるバイアグラフィルム特有のメリットとデメリットがあります。

バイアグラフィルムタイプのメリット

バイアグラがフィルムタイプになった事によるメリットとしては、まず、先に紹介した携帯の利便さがあげられます。

また、胃の中で溶けて体内に吸収される今までの錠剤タイプのバイアグラと違いフィルムタイプは口内で溶け舌の毛細血管から体内に吸収されるためバイアグラの効果の発現が早く、その違いは錠剤タイプのバイアグラが服用から効果があらわれるのに約30分なのに対しフィルムタイプは服用から効果があらわれるのに約10分~15分とされています。

バイアグラフィルムタイプのデメリット

フィルム形状が変わったことによってデメリットが一つあります。
それは開封後の保存性が悪くなったことです。錠剤タイプのバイアグラは海外の100mgタイプや50mgタイプでは容量が多く効き過ぎてしまうという場合や25mgを買うよりピルカッターで割って飲んだ方が経済的という理由で、錠剤を割って片割れを保存するということが出来ました。

しかし、フィルムタイプのバイアグラは非常に湿度に弱く、服用する直前まで開封はしてはいけないとされています。さらに濡れた手で扱うのも厳禁です。その点錠剤のバイアグラであれば、包装から出し割錠した半分をまたピルケースや小型のジップロック等に入れ直射日光が当たらないように保存すれば1年程効力が落ちずに保存できます。もちろんそんなに長く保存することもないので通常の使用であれば問題ありません。

フィルムタイプの50mgを25mgずつ半分にして服用するというのはやめた方が良さそうです。

※OD錠とは…、Oral Disintegrantの略称で口腔内崩壊錠のことです。

バイアグラODフィルムの価格は?

現在多くのクリニックで処方されるようになったフィルムタイプのバイアグラですが、お値段はどのくらいなのでしょうか。
基本的に錠剤タイプのバイアグラと同じ価格で、50mgが1枚1500円程度で処方されています。しかし、25mgはまだほとんど扱っていないところが多いようです。

各メーカーから出ているバイアグラジェネリックに比べるとやはりお値段は張ってしまいますが、常に身につけていられるお守りとして持っておきたいのも確かです。

バイアグラODフィルムにもジェネリックがあります!

バイアグラのODフィルムは確かに便利で購入したいという方は多くいるかと思いますが、2014年にバイアグラの特許切れに伴って沢山販売されているジェネリックと比べると1枚1500円はやはり高いという印象です。

それでもフィルムタイプが良いという場合に、バイアグラジェネリックにもODフィルムタイプがあるのをご存知でしょうか。
ノボシルオーラルストリップスという製品で、バイアグラフィルム50mgと同じ容量で外装サイズもほぼ同じ6.5cm×5cmの約0.2㎜の薄いシートです。これなら携帯性、利便性共にどちらも優れています。

気になる価格は10枚で4900円です。1枚当たりは490円、バイアグラODフィルムの約3分の1の値段で購入出来ます。もちろん錠剤タイプのバイアグラジェネリックよりも安いです。更に30枚購入すると、1枚当たりは約397円で購入できるためワンコインED治療薬として服用者は増えています。

『ノボシルオーラルストリップス』

ノボシルオーラルストリップス

ノボシルの詳細はこちら

また、シートタイプのバイアグラジェネリックとして大人気のノボシルオーラルストリップスには美味しいフルーツ味が登場!ノボシルのオリジナルがミント味だったのに対して、ノボシルフルーツ7ストリップスは、オレンジ、ストロベリー、レモン、チェリー、パイナップル、スイカ、ミントの7種類。それぞれのフレーバーが1枚ずつ入って7枚で4200円とかなりお手頃です。
オリジナルのミント味も入っているので初めてノボシルを買う方も全部のフレーバーが楽しめるノボシルフルーツ7ストリップスはお勧めです。オリジナルよりも1枚当たりのお値段は少し高いもののファイザー社が出しているシートタイプの約3分の1ですので大変お買得です。
見た目にもこれがバイアグラ?お菓子じゃないの?と思うデザインで人目を気にせず服用出来るのも強みです。

『ノボシルフルーツ7ストリップス』

ノボシル フルーツ 7ストリップス

ノボシルフルーツの詳細はこちら

バイアグラ含めED治療薬の欠点

バイアグラやレビトラ、シアリスなど様々なED治療薬がありますが、どれも勃起しやすい状態にして弱ってきた陰茎をサポートしてくれるので、中折れなどを防いでしっかりとした性行為をすることが出来る超優れものです。

確かに超優れもののED治療薬ですが、勃起を補助するものであって精力を強くするものではないので、性欲が増したり、精液が増えたりすることはありません。

通常より硬く勃起することで早漏を多少防止することはよく報告されますが、どんなに強くピストンしても最後に出る精子の量が少なければ快感は半減したままです。いくら何発しても勃起させることができるといっても2回目3回目の射精ではほどんど精子が出ず快感を全く感じなかったり、逆に空打ちとなって苦しいという方もいます。

ED治療薬の欠点とはシンプルに勃起する効果しかないというところにあるのです。

精力剤サプリメントの服用で快感度を向上させられる

前述の通り、バイアグラを含めED治療薬は勃起させるだけです。射精の快感を高めるには精子をドバっと出すことが重要です。放出する精子の量が増えれば増えた分だけ快感は増幅します。

そこで有効なのが、精力増強サプリです。ペニス増大作用があって2017年の世界ランキング1位になったプライムモンスターや根強い人気を誇るメガマックスウルトラマキシマムグロウなどには精子を大量に作る栄養素が豊富に含まれています。
また、精子量の増加に焦点を当てて作られたボリュームピルズはED治療薬との相性が抜群です。睾丸に精液が大量に溜まると自然と性欲も湧き上がってきます。

ED治療薬の欠点は精力増強サプリで補うことで、何倍も充実した性生活が送れますので是非併せてご利用ください。

最後に

便利になったバイアグラですが、本当に満足のいくセックスを実現するには様々な要素が重要となってきます。もちろん相手ありきの行為ですので、パートナーを大切にすることも忘れないで頂きたいです。しかし男性にとってはただ勃たせただけのセックスをするか、快感で悶えるようなセックスをするか、全く違います。
気持ち良さは相手にも伝わりますので、是非日々の努力も必要だということを提示させていただきます。

カテゴリー