カテゴリー

潮吹きの真実!女性も射精する?!

[2016年11月18日]

潮吹き経験者は約35%

皆さんは、潮吹きしたり、潮吹きをさせた経験はありますか?
社団法人の日本家族計画協会と大手コンドームメーカーのジェクスが共同となって2012年12月に大規模な性の実態調査が行ない、20~69歳の男女6961人(男4254人、女2707人)の回答の結果、潮吹きについて34.4%が経験があると判明しています。
一番潮吹き経験が多かったのが40代で37.7%ですが世代間での大きな差はなく60代でも35.1%でした。

squirt

潮吹き≠オルガズム

この調査の際、オルガズムについても集計しており、別の事実が発覚しました。オルガズムの頻度と潮吹きの相関性がないことがわかり、潮吹き=イクということは間違いで男性の勝手な思い込みだったということが証明されたのです。

潮吹きって何なの?

では、潮吹きとは一体なんなのでしょうか?

潮吹きについては遥か遠い昔から研究されており、3世紀のヨーロッパ、4世紀の中国でも潮吹きの研究についての古典があるそうです。16世紀には史上初となる科学的な解析がされ、尿道のそばの女性の前立腺から射出された液体であると解明されています。
現代でも多くの性科学者が潮吹きについて研究を続けており、謎の深い潮吹きは、「膣壁から滲み出る愛液とする説」や、「尿道から出る尿失禁とする説」などがありました。

squirt3

えっ?女性も射精するの?!

しかし近年、最も有力とされる説が出てきました。それが、「女性の射精」です。
男性の精液は、精子と前立腺の液が混じったものですが、もちろん女性に精子はありません。しかし、女性にも男性の前立腺にあたる「スキーン腺」という器官があり、スキーン腺と尿道が直結しており、スキーン腺に溜まった潮が尿道から放出されていることが判明したのです。

潮の成分には、多少尿の成分が混じっているものの、汗に近いもので、男性の前立腺液にある酵素と同じものも見つかっています。尿道から液体が出るという仕組みと、成分の相似からも「女性の射精」と言っても間違いないでしょう。

女性を射精させるには「Gスポット」

ちなみに潮吹きのメカニズムの際によく耳にする「Gスポット」ですが、1944年にドイツ人の医師エルンスト・グレーフェンベングが、「クリトリスと同様に、女性の性欲を喚起させる場所を膣内の前壁に発見し、そこに刺激を与えると膣口から液体が飛び散った」と発表し、それによって彼の名前の頭文字をとって「Gスポット」が名付けられました。
このGスポットを刺激することで、スキーン腺に潮が溜まり女性の射精=潮吹きが起こるのです。
また、スキーン腺の用量は通常5ml程度ですが、Gスポットの刺激によって潮を溜めこみ、多いときには2カップ分まで達します。
だからベッドに水溜りが出来るほど潮が出るんですね。

女性の射精からわかったこと

しかし、前述したように、潮吹き=イクではありません。女性のオルガズムは別にあります。それでも潮吹きにも快感は少なからずあります。潮吹きはGスポットの刺激で起きますので、うまく射精のタイミングをコントロールできるようになればオルガズムと同時に味わうこともできます。

とは言っても女性の射精経験者は約35%と多くはありません。そこで当サイトで紹介している女性用精力剤、例えば潮吹きを促進するラブグラ等を使うことで潮吹き率を上げるというのも良い方法です。使用することで感度を上げたり、女性器周辺への血流を高めるために潮吹きしやすくなると言われています。
快感をより一層強く感じるためにも、最初の癖付けや感覚を掴むためにもお勧めの媚薬です。

終わりに…

今まで知らない人も多かった潮吹きの真実ですが、意外な男女の共通点にも驚かされましたね。男女でお互いの身体を理解し合うことは、より質の高いセックスライフを送るためにとても重要なことです。日々勉強を惜しまず続けて、より良いセックスへと昇華させてください。


ザルティアとメガリスの比較

カテゴリー