カテゴリー

新精力剤ピクノジェノールの効果と副作用

[2014年4月3日]

pycnogenol1

小林製薬のエディケアに使用され、その効果から一躍注目を浴びるようになったピクノジェノール。一体どのような効果をもち精力剤として役の立つのか。またどういった副作用があり安全性が高いものなのか。使用前に読んでおきたいピクノジェノールの効果と副作用をまとめてみました。

ピクノジェノールとは

フランスのボルドー地方の海岸に生えている松の樹皮からの抽出物で抗酸化物質です。活性酸素を退治する抗酸化作用が強いことが判明し、欧米では成人病予防・老化防止の決定版として使用されています。

効果効能

血栓予防・美肌効果・鎮痛作用・子宮内膜症や生理痛・不眠・アレルギー性疾患・アルツハイマー病・眼精疲労・糖尿病・インフルエンザ・白内障・高血圧・足のむくみ・高脂血症

ここで重要なのは精力剤としての効果ですが、ピクノジェノールには、一酸化窒素を活性化させる働きがあります。そのため、一酸化窒素(NO)の原料となるアルギニンと一緒に摂取すると、血管内での一酸化窒素の合成が始まり、血流が改善されることで勃起能力を高めることが可能になります。※一酸化窒素の減少が勃起不全を引き起こす原因になります。

よって最低限エディケアのようにアルギニンと一緒に摂る必要があるようです。

副作用について

胃腸障害や発疹が見られることが確認されています。ただし強くないものとのことで医学的にも安全性が確認されているようです。

世界的に注目されているピクノジェノールですが、日本以外ではその他の効能を期待した医薬品などが多いようです。効果効能からは万能薬として期待されているようです。


ザルティアとメガリスの比較