カテゴリー

ペニス増大サプリメントは信頼できない?様々な種類がある

[2017年7月14日]

雑誌の裏やWEBサイトの広告などでよく目にするペニス増大サプリメントですが、実際に使ったことがあるという人はまだ少ないようです。そこでペニス増大サプリメントとはどのような物なのか調べてみました。

ペニス増大サプリとは何か、具体的に言うとどういうモノか

インターネット上に在る、アダルトサイト等のバナー広告に「驚異的な増大を実現」という文言で、「ペニス増大サプリ」の販売促進がよく行われています。

ペニス増大サプリメントとは、その名の通り、陰茎を長くしたり、それ自体を太く「逞しいモノ」にしてくれる栄養補助食品です。日本国内でいう栄養補助食品とは、厚生労働省や農林水産省等の行政機関の許可を受ける必要が一切無く、一般的な食品のような「アレルギー物質等の明記」もする必要が無い健康食品です。

正直、眉唾物です。しかし、もちろんアメリカなど基準の違う国で効果が高い製品も存在しますので一言にペニス増大サプリメントと言っても種類も内容も様々です。

ペニス増大サプリメントという呼び方は、アダルト的な色合いを帯びています。これ自体、18歳未満の人が使用するのは不適となっていますが、成人であっても、「胡散臭いのでは」と警戒をするかもしれません。そのため、ペニス増大サプリは、広告等では「増大アイテム」とも呼ばれています。

増大サプリというと、「血流量が増大した」、「陰茎が長くなった」、「陰茎そのものが太くなった」という表現がされます。多少抽象的な感じな言い回しとなっており、「曖昧な言葉」ともいえます。明確にどこからどこまで増大したのかを明記して欲しいものです。

また、販売者が「今まで、色々な増大サプリを試された方は、是非、当社の製品を試して下さい。これで駄目だった場合、諦めて下さい。また、効果が一切出なかった場合は返金対応致します」と言って営業をしている場合が在りますが、「これで駄目だった場合は諦めて下さい」というのは、説得力が感じられ試してみたくなる気持ちもわかります。

「ペニス増大サプリメント」の「歴史」

増大サプリという言葉自体、抽象的でペニスそのものが増大するよりも、むしろ血流量が増大したに過ぎない、という商品も巷には存在します。例えば、南米大陸のアマゾン川流域の熱帯雨林に紫イペという樹木が在り、これに含まれるエキスは「男根を太くしてくれる」成分が在るそうです。

紫イペエキスは、スペイン人やポルトガル人が南米大陸にやって来る前から存在しており、インカ帝国の時代から先住民の秘薬として使われたといいます。スペイン王国の軍人等が、紫イペエキスに手を付けたところ、陰部が増大し、漲る力を感じたのだそうです。

紫イペは、18世紀頃からスペイン人を始めとする白人社会でも浸透したそうであり、利尿作用、抗炎症作用、脂質異常の改善が見られたといいます。それと同時に、陰茎が太くなったと実感をしたそうであり、思うに18世紀頃に「紫イペのエキスは、ペニス増大サプリになるのでは」と考えた人が多く現れ、それがペニス増大サプリメントの歴史の始まりとなったと言われています。

使用方法及び副作用等

陰茎を大きくし、自信を持ちたいという人はやはりかなり多数いるようです。主に青年向けの漫画で、短小で萎えている陰茎を目の当たりにした女性が「何コレ?ダサいよ!」と批判をしたシーンが在るように、大きくて太い男根を手に入れたい人が沢山いても何もおかしくはありません。

よく成人向けの漫画では、太くて長いモノを観た女性は「凄い…。」と言って、その男性を高く評価してくれます。ただ、長くて太い男根は、銭湯等に行く場合にも勇猛な感じがして自身が持てます。一方で陰茎が小さいのであれば、人の目が気になるのでタオルで隠しておくと良いでしょう。

太くて、それに長くそれに硬い男根ですが、勃起をしていない状態であれば普通サイズ、という人もいるかもしれません。勃起をしていなくても大きいというのは、少し珍しいタイプなのかもしれません。

増大サプリ等の使用方法ですが、用量と用法を守るのは鉄則となっています。このサプリは栄養補助食品と販売されており、アレルギー物質を判り易く明記していることは少ないですが、きちんと明記をしている物に関しては評価は高いでしょう。

用量を守らなかった場合、例えば、不眠症となることがあります。増大サプリには、カフェインが少なからず含有されており、摂取目安量を超えた場合、不眠だけでなく身体に何らかの影響が出ます。不眠に陥るというのは、これは脳内物質のセロトニンの減少が起こり、脳内覚醒が起こったということでしょう。

また、サプリを飲む際は、水またはぬるま湯で飲むのが鉄則となっています。間違っても、アルコール類や有色の液体(緑茶やコーヒー、それに麦茶)で飲むのは駄目です。

日本製の商品については、効果も体感することが難しい反面、副作用が起こるリスクも極めて低いです。有効成分が驚くほど低用量なので用法や用量を守っていれば何も起きず、別に問題にはならないでしょう。

ただ、日本以外の国で販売され、輸入される商品に関しては話は別です。効き目を重視して製造されていますので、日本国内では製造できない強力な成分なので過剰摂取をすれば副作用の恐れがあります。ペニス増大サプリメントは自己責任で使用しなければなりません。

確かな効果を求める人であれば、海外の増大サプリを買うと良いかもしれません。但し、何か在っても保証なんて無いですし、「責任を取ってほしい」と要求をするのはナンセンスです。

プライムモンスター及びメガマックスウルトラの存在について

海外で大人気の製品を、日本でも「輸入業者を通じて購入可能」な商品は在ります。それは、プライムモンスターとメガマックスウルトラというペニス増大サプリです。

プライムモンスターは、米国で製造及び販売されている増大サプリです。ペニスを大きくしたり、太くさせる成分が豊富に含有されています。このサプリメントは、開発に1億円近く注がれており、効果が非常に強く老化防止にも効果が在りますし、米国の衛生面の行政機関のFDAが承認をしています。1本当たり60粒であり、2~3錠を目安に水で飲みます。

メガマックスウルトラも、米国企業が製造及び販売をしている増大サプリです。このサプリメントには、ヨヒンベという、アフリカ地方に自生している樹木から取れる医療成分が含有されており、基本的には日本での販売はできません。

メガマックスウルトラは、輸入者を通じて「自分が使用する場合に限って」、購入ができます。用法及び用量を遵守すれば、別に問題はありません。摂取目安量は1日2錠ずつで、食前がベストといえそうです。1本当たり60粒となっています。

最後に

ペニス増大サプリメントには様々な種類があり、効果の全くないものから驚くほどペニスを成長させるものなど効き目も様々です。
値段だって決して安いものではありません。心からペニス増大を願うなら含有成分の種類と含有量をしっかり調べてから購入したいものです。


ザルティアとメガリスの比較