カテゴリー

試してみたい人必見!ペニスに真珠を入れると本当に気持ちいい?!

[2017年1月18日]

ペニスに真珠を入れると女性は悶えるという話を聞くことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。真珠入りペニスについて色々調べてみましたので、ご覧ください。

本物の真珠ではなくシリコンボール

ペニスに真珠を入れると言っても、実際に真珠を入れると真珠は体内でゆっくり融解して腐敗してしまう危険があります。また、真珠のように硬い異物を入れると勃起時に痛みを感じる場合もあります。
そのため現在、ペニスに真珠を入れるという行為は行われていません。変わりに真珠を模したシリコン製のボールを入れます。そしてシリコンボールには、球体以外に楕円状の球体やリング状、棒状など様々な形状のものが10種類以上あります。クリニックで10分~の簡単な手術で、挿入することが出来ます。入れる場所は基本的に竿の部分の皮下で亀頭には入れられません。
最新のシリコン挿入ではシリコンTバーというリング状と棒状の融合したような半筒状のものがあり、それを挿入することで格段にペニスにボリュームを持たすことが出来ます。

ペニスに真珠を入れるのに掛かる費用

ペニスに真珠(シリコンボール)を入れるのに掛かる費用は、球状のもので1粒、3~5万円程度が相場です。特殊形状のリングや棒状のシリコンを入れる場合には20万円以上掛かり、意外と膨大な費用が掛かります。
また、手術は数ミリメスを入れそこから真珠を挿入するだけで日帰りですぐ済みますが、術後1ヶ月は、セックスやオナニーを制限されてしまうので、せっかく入れた真珠を使うまでもどかしい日々を過ごすことになります。2週間後に抜糸をするのが基本ですが、抜糸が不要な体に吸収される糸を使うこともできます。

真珠入りペニスのメリット

ここでペニスに真珠を入れた方の体験談でメリットとなった部分を紹介します。
ペニスに真珠を入れるメリットはそれなりにたくさんあります。

  • 女性に普段と違う感覚を与える
  • 早漏が改善される
  • ペニスを改造したことを自慢できる
  • ハプニングバーなど性に好奇心の強い女性にモテる
  • ペニスに真珠を入れるのは意外と費用が掛かるため経済力を誇れる
  • 真珠入りペニスじゃなきゃイケない女性がいる など

まず一番の目的でもある女性に普段と違う感覚を与えるということです。しかし女性からすると異物を入れているようという意見もあり賛否両論です。
真珠を入れたことで最も男性が恩恵を受けるのは、早漏防止効果と言われています。シリコンボールがペニスに伝わる刺激を吸収して早漏が改善するというものです。中には遅漏と呼ばれる程に変化する人もいるので遅漏気味の人は注意が必要です。
その他、ペニスに真珠を入れればもちろん男性同士でも一目を置かれる存在になりますし、時計やスーツのように経済力の照明となったりと自慢にもなります。ペニスに真珠を入れているという事を口にするだけで、エロい女の子が真珠への好奇心で寄ってくるということもあります。
最も魅力なのは、真珠入りペニスとエッチを繰り返すうちに真珠なしではいられなくなったという女性もいるということですね。そう聞くと試してみたくなる気持ちもわかります。

真珠入りペニスのデメリット

逆に、ペニスに真珠を入れたことで起こるデメリットですが、これが意外とたくさんあります。

  • ペニスに真珠があると普通の女の子は引いてしまう
  • 異物感で痛がられ、女性が嫌がる
  • 異物感で自分自身にも痛みがある
  • 遅漏が悪化してなかなかイケない
  • コンドームの装着が難しく、破けやすい
  • 女性がフェラチオをしずらい
  • 風俗嬢にしか受け入れてもらえない
  • 費用が高額
  • 見た目がイボみたいで醜い
  • 小さいけどペニスに傷が残る など

女性を悦ばせようとして、せっかくペニスに真珠を入れたのに引かれてしまっては元も子もないですね。イボ付きのバイブやコンドームでも異物感が苦手という女性は意外と多いので、入れてみたもののただの自己満足とならないように注意したいですね。
またメリットにあった早漏改善はそのまま遅漏悪化というデメリットにも繋がります。
その他、真珠を入れてみたら自分自身でも異物感が合わなかったり、痛みを感じる人、コンドームの装着がうまくできなくなったり、色々な障害が出てきてしまい、結局もう一度手術をして取り出すという人も沢山います。入れるのも取り出すのも比較的簡単に出来る手術ですが、高額な費用が掛かること、多少なりともペニスに切開の傷が残るということをよく考えてからペニスに真珠を入れるようにするべきですね。

ペニスに真珠はあった方がいいか?女性の反応

実際に真珠入りペニスを体感した女性の反応というのは賛否両論で、大抵の女性は異物感を嫌がって気持ち良くなれないという意見です。またフェラがしずらいという意見も多いです。やはりペニスをイボイボにすれば女性が悦ぶと考えるのは男のただの幻想なのでしょうか。
しかしその一方で、一部の女性は真珠入りペニスを好むことも事実です。シンプルにシリコンを入れた分、大きく(太く)なって良いという意見やイボイボが丁度気持ちいいところに当たって凄い気持ちいという意見があります。それには男性がどの位置に真珠を入れるかや女性の性器の形に左右される部分もありますが、うまくフィットすれば最高に感じさせることの出来る最強の武器にもなります。

とはいってもやはり、イボイボのあるペニスはグロテスクです。ペニスに真珠を入れる際はパートナーが居ればよく相談するなど慎重に検討しましょう。

ペニスに真珠を入れた人のその後…

ペニスに真珠を入れてみたはいいものの、思っていた反応が得られずに邪魔になった真珠を取り出してしまう人はかなり多くいます。取り出すのは入れるよりも少し安く、入れた時と同じクリニックなら1粒1万円から、違うクリニックでも2万円からとすぐに取り出すことができます。
元の形には戻りますが、ペニスには通常の真珠でも切開の痕が5ミリ程残ります。多少の創は残りますが、とても手軽に出来るのは嬉しいです。
ただし、自分で手術費をケチって自分で真珠を取り出そうとすると化膿させてしまったり危険ですので、必ずクリニックで行うことをお勧めします。

番外編!獄中でペニスに真珠を入れる

意外かもしれませんが、刑務所内ではペニスに真珠を入れるということが現在でも頻繁に行われています。もちろん挿入する医療用のシリコンなどは獄中ですのでありません。
では真珠代わりに何を入れるかというと、歯ブラシの柄の部分のプラスチックです。まず歯ブラシの柄を丁度いい大きさに切ります。あとはひたすらコンクリートの壁などで丸く削っていきます。綺麗な球体になってきたらそこから掃除用のクレンザーを使って磨きます。最後は歯磨き粉を使ってツルツルの状態にします。ここまでしてやっと真珠が完成します。
まさに時間と根気があってこそ出来る所業!というか暇つぶしなのでしょう。それと生身の女性に対する餓えが根気の源になるのでしょうか。とにかく丹精込めて磨き上げて完成した真珠をペニスの竿の皮膚の下に挿入します。しかしそこはもちろん獄中なのでメスはもちろん刃物もありません。
そこで割り箸を尖らせたり、つまようじなどの木製の突起物を使ってペニスに穴を開けます。その穴を拡げて磨き上げたプラスチックの球体を押し込みます。麻酔もありません。下手をすると化膿してペニスを切除なんてこともあり得ます。そこで知恵の働く囚人は、事前に風邪を引いた時などに処方してもらう抗生物質を溜め込んでおくのです。もちろん薬の溜め込みもペニスに真珠を入れることも見つかれば処罰されます。
しかしそう迄してペニスに真珠を入れるのは莫大な時間と男としての誇り、セックスへの餓えがそうさせるのでしょう。

最後に

正直思ったよりも評判が良くないようですね。ペニスに真珠を入れるという行為は、男の勘違いから始まったようなもので、多くの女性から批判的な意見があります。しかしその一方で、真珠入りペニスの熱狂的なファンもいます。

昔と違って包茎治療よりも手軽にクリニックで安全に出来るようになったということもあり、興味があるなら一度は試してみてもいいかもしれません。
ただし、ペニス増大手術然り、クリニックで行えば必ず安全ということでもありませんので、必ず信用できるクリニックを選び術後の経過はしっかり自分の目でよく観察することも重要です。


ザルティアとメガリスの比較

カテゴリー