カテゴリー

初めての妊活!誰も教えてくれない男性の妊活のすべて

[2017年9月14日]

夫婦イメージ画像

不妊で悩む夫婦は6組に1組、不妊の原因の半数は男性にあり。というけれど男性の妊活って一体何をしたらいいの??ここでは、あまり語られることのない男性の妊活にスポットをあて、実際に男性ができる妊活の方法についてご紹介していきます。子供がほしい男性も女性もぜひ夫婦でご覧ください。

男性の妊活の現状

芸能人の妊活休業や雑誌、テレビでの特集などから「妊活」という言葉がこの数年で浸透し、「子供を授かりたいから妊活をしよう」という考えはごく自然な流れになっています。

妊活の情報は、女性向けの内容が多く妊活は女性がするものというイメージが浸透してしまっていますが、子供は夫婦両方の協力がなければ作ることができません。
女性だけの問題ではなく男性側にも不妊の原因がある場合もあるので夫婦で一緒に取り組むのが妊活の理想的な形です。

しかし、妊活に興味を抱いていたり、実際に取り組んでいる大半は女性です。子供が欲しいという希望はあったとしても、積極的に妊活をする男性が少ないのが現状です。

男性は何もしてくれない。と女性からの愚痴が聞こえてきそうですが、男性も妊活をしたいと思っても男性の妊活に関する情報が少なすぎて男性は何をしたらいいのかわからないのです。

それでは早速男性の不妊の原因から見ていきましょう。思いあたることがあれば、すぐに対策をとってみましょう。

不妊の原因の半数は男性にあり!

不妊というと女性が行うものというイメージが先行してしまっていますが、不妊の原因の半数は男性にもあるということがわかっています。

1996年にWHO(世界保健機関)が発表した不妊症の原因の統計結果をご覧ください。

不妊の原因男女比グラフ

不妊症の原因は41%が女性、24%が男性、24%が男女ともにあり、11%が原因不明という結果が報告されています。
男性が原因の場合と男女ともに原因ありを合計すると48%は男性にも原因があるのです。

この結果からもわかるように妊活は夫婦ともに取り組まなければ良好な結果を得ることはできないことを男性は肝に銘じ夫婦で協力して妊活に取り組みましょう。

⇒男性用のおすすめ妊活サプリはこちら

男性妊活の第一歩!男性不妊の原因ランキング

男性の体イメージ画像

男性の妊活を始めるにはまずは不妊の原因を知ることがとても大切です。男性の不妊の約9割の人は精子を作る機能に何らかの問題がある造精機能障害よるものだと言われています。男性の不妊の原因として多いものから順にみていきましょう。

【第1位】乏精子症

精液中の精子の数が少ない状態のことをいいます。WHO(世界保健機関)基準では、精子濃度が1mlあたり2000万個以上が正常と言われており、この基準値を下回る男性が乏精子症となります。

自然妊娠においては、精子の数が4000万以上あることが望ましいとも言われており精子の濃度、精子の運動率、奇形率など総合的にみて判断されます。

乏精子症の原因として多いのが、精巣の静脈に血液が逆流することで起こる精索静脈瘤や精巣のはたらきが悪く作られる精子の量が少ない造精機能障害です。

精子の数は基準より少し少ないだけの方はタイミング法による治療を行います。精子の数がかなり少ない場合は、人工授精や体外受精を行います。

【第2位】無精子症

精液の中に精子がいない状態のことをいいます。無精子症には2パターンあり、精子は作られているけれど精子が通る通路の部分が何らかの原因によって塞がってしまっているパターン。もうひとつが精子を作ることができていない重い造精機能障害のパターンです。前者の場合は、手術で塞がってしまった通路を開放してあげれば一般的な人と変わらない確率で妊娠することが可能です。後者の場合は治すことが難しいと言われており、薬を使った治療や手術などを組み合わせて治療する場合もあります。

【第3位】精子無力症

精子の数には問題がないけれど、精子の運動率が悪く元気がない精子ばかりの状態のことをいいます。原因としては、思春期以降におたふく風邪など高熱のでる病気にかかり精巣炎を起こした人などに起こりやすいと言われています。精子の質を上げるためにビタミンEや漢方薬などで治療を行います。その他、人工授精や体外受精を行う場合もあります。

【第4位】勃起障害

性行為時に勃起することができない症状で、いわゆるEDです。子供をつくらなければという心因的な焦りなどから勃起することができなくなる場合もあります。勃起障害はバイアグラなどのED治療薬を用いて改善していくことができます。

妊活男性がすべき検査~まずは何科に行く?~

病院イメージ画像

いざ検査に行こう!!と思っても、あれ男って何科に行くの??そんな疑問ありませんか?
妊活には夫婦そろって産婦人科の不妊外来で検査するのが理想ですが、いきなり産婦人科に足を運ぶのが気が進まないという男性は多いことでしょう。

産婦人科に足を運ぶのは、ちょっとハードルが高いと感じる方はまずは泌尿器科を受診してみてください。泌尿器科では精液検査はもちろん精巣など男性器の治療は専門です。まずは、泌尿器科で検査をしてもらって精液の検査をしてもらうといいでしょう。

⇒男性用のおすすめ妊活サプリはこちら

妊活男性がすべき検査~どんな検査されるの?~

不安な男性イメージ画像

妊活するにあたって男性の検査って一体どんな検査をするのか気になるところですよね。まず最初に行われる一般的な検査が精液検査です。精液検査には精液が必要になるため精子の採取が必要です。

家または病院にてマスターベーションを行い射精した精液を病院にもっていき検査してもらいます。

採取した精液から精液の量や精子の数、精子の運動性、精子の形状などを調べていきます。

それぞれの症状に合わせて治療を行っていきます。女性の排卵との兼ね合いもあるため最終的にはやはり夫婦そろって不妊外来にかかって治療することがいいでしょう。

男性が妊活に取り組むことで、体外受精をしなければいけないと言われていた夫婦が自然妊娠が可能となるケースもあります。高額な治療をうけなくとも男性が妊活を行うことで妊娠率がアップすることがあるので男性もぜひ頑張って妊活に取り組みましょう。

精子の質を高めるためには3ヵ月が必要!!

精子イメージ画像

男性の精子には製造サイクルがあり、射精される精子は既に約80日前には準備されたものです。精巣の中で約3ヶ月かけて製造され、3ヶ月を過ぎた精子は次々と消滅して日々生まれ変わっています。排卵日に合わせて昨日、今日と妊活を意識した生活を送ったからといってすぐに身体に影響が出るわけではありません。まずは3ヶ月を目指して継続して精子の質を高める方法を実践してみましょう。

⇒男性用のおすすめ妊活サプリはこちら

今すぐ実践!男性妊活の方法【やった方がいいこと】

夫婦イメージ画像

女性の妊活の代表的なものといえば、基礎体温からの排卵日予測や食生活や生活習慣の見直しによる体質改善などが挙げられますが、男性も食生活や生活習慣の見直しを実践し、排卵日前後に活きの良い精子をスタンバイさせることができるように身体や環境を整えることが必要です。

それでは今すぐ始められる男性の妊活でやった方がいいことを紹介していきましょう。

1.妊活男性は亜鉛を摂ろう!

男性の妊活に欠かせないのが「セックスミネラル」とも呼ばれている亜鉛です。牡蠣やうなぎなどに多く含まれています。

亜鉛は精子の生成を促し精子の数や運動率を高める効果があり、精子を作る上ではとても重要な栄養素の一つです。
さらに、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンを活発にさせる力もあります。このテストステロンは男性の性欲などをつかさどるホルモンです。亜鉛不足になるとホルモンの働きが弱まり、性欲の低下や勃起障害を起こすなど妊活の妨げになります。

亜鉛を多く含む食べ物から摂取したいところですが、1日に必要な12㎎を毎日摂るのはなかなか難しいため男性サプリなども活用し補給するといいでしょう。

2.妊活男性はアルギニンを摂ろう!

山芋や自然薯などに含まれるアルギニンも精子の成長に必要なホルモンを分泌させて精子の数を増やすとともに、運動性の向上に必要なポリアミンも生成します。
現代の食生活では妊活に必要な栄養素は不足しがちです。一度精子の質が低下してしまうと元の状態まで改善させるには時間がかかります。

普段の食事やサプリを活用し不足しないようにしましょう。

3.妊活男性はポリフェノールで抗酸化しよう!!

人間の体内に発生する活性酸素は、細胞を老化させ、精子の質を落とす作用があります。この活性酸素を取り除くために必要なのが抗酸化成分です。
バナナや大豆製品に含まれるポリフェノールやフィトケミカルなどの抗酸化成分を含む食材を積極的に摂取し、精子の老化を予防しましょう。

また、アーモンドなどに多く含まれるビタミンEは抗酸化作用があるだけでなく、男性の生殖機能を高めて精子の質を上げる栄養素として注目されています。

3.妊活男性にはマカがいい!

マカには妊活中の男性に必要なアルギニンなどのアミノ酸が豊富に含まれています。血行を促進し性欲の亢進、EDの改善効果ができるスーパーフードです。

精子の質を高めるのに必要な栄養素が色々とでてきましたが、今の食生活を変えることはできない。手っ取り早く補給したいという人には男性用の妊活サプリの活用をお勧めします。

⇒男性用のおすすめ妊活サプリはこちら

4.下半身を鍛えて血行促進!

疲労や運動不足が慢性的に続いていると、精巣の血流が低下してしまい、元気な精子を作ることができなかったり、EDのような男性機能不全が起こる場合があります。

このような血流不足を改善するためには下半身の筋肉を鍛えることが最善の方法です。下半身を鍛えて血流が増加すれば、男性ホルモンの分泌を増加させる事ができます。ウォーキングやスクワットであれば、忙しい方でも空いた時間に手軽に行うことができます。

また、適度な運動はストレスの解消にもなり、質の良い睡眠にも繋がります。ストレスや睡眠不足はホルモンバランスを乱す要因にもなるので、質のいい精子を作るために是非運動する習慣を取り入れましょう。

ただし、運動不足改善のために自転車を長時間漕ぐのはオススメできません。硬いサドルで精巣を圧迫していると、血流が悪くなってしまい精子がダメージを受けることがあります。

5.ブライダルチェック

女性の間では結婚前や赤ちゃんが欲しい頃にブライダルチェックを受ける方が増えていますが、妊活を始める男性にも是非受けて欲しい検査です。問診や血液、精液検査で自分の状態や精子の体質などを正確に知ることができます。

精液検査に抵抗がある男性も多いですが、妊活では自分の身体の状態を把握することは非常に大切です。自分にはきっと問題がないと思っていても、精子の数や運動率に問題があったり、無精子症や精子無力症などが見つかる場合もあります。不妊の原因の半分は男性と言われており、早めに精液検査を受けることで適切な治療を始めることができます。

妊活中の男性が注意すべきこと

男性の妊活では「何をやめるか」というのも非常に大切です。該当する項目がある方はすぐにでも生活習慣を見直しましょう。

1.妊活男性は喫煙と飲酒は控えましょう

タバコやお酒妊活にとって大敵である血流の悪化や身体の酸化を引き起こします。
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があるため、血流を悪化させEDの原因にもなります。それだけでなく、煙に含まれる活性酸素はの精子のDNAを傷つけ、生まれてくる赤ちゃんの病気のリスクや母親になるパートナーの不妊症や流産のリスクまで高めてしまいます。

また、アルコールも精子製造能力や男性ホルモンの低下を引き起こすので、妊娠の確率を低くさせます。
喫煙や飲酒を辞めるのは大変ですが、自分の身体だけでなく妻や子供にも悪影響を与えてしまうということをよく自覚し、将来のために早めに改善をしましょう。

1.睾丸に熱がこもらないように!

精子を作り出す睾丸は温度に敏感で、最適な温度は33度前後と言われています。熱に弱く、たった1度上がるだけで男性ホルモンの分泌が弱まり、精子の質にも影響を与えるので熱がこもらないように注意しなければなりません。

特に下半身を温めるような生活をしているつもりはなくても、睾丸に熱がこもりやすい行動は日常生活の中に意外とたくさんあります。
下半身を温める直たる行動といえば長風呂やサウナです。特にサウナはグングンと温度を上げてしまうので妊活中は控えましょう。お風呂に入って血流を良くしたり、リラックスすること自体は悪いことではないので適度な時間の入浴を心がけて下さい。

そして、下着のタイプにも要注意です。ボクサーパンツやブリーフは男性器と睾丸がピタッと密着し熱がこもりやすくなります。また、キツいジーンズなども精巣の温度が上昇しやすくなります。トランクスなどの通気性の良い下着やボトムを着用するようにしましょう。

また、外回り中などにノートパソコンを膝の上で打つ男性の姿を街でよく目にしますが、実はこれも精子には良くないと言われています。パソコンの裏面や側面は排熱処理などでかなり熱くなり、下半身が温められてしまいます。

妊活中の男性がはコーヒー飲みすぎ注意!?

まだ研究段階ですが、1日コーヒー3杯分のカフェインを摂取すると精子の遺伝子を損傷する可能性があることが言われています。まだ研究段階であり確実なリスクとなるわけではありませんが、妊活中は男女ともに1日1~2杯程度に控えておきましょう。

男性用のおすすめ妊活サプリ

男性用の妊活サプリを選ぶ場合は、シトルリンやアルギニン、亜鉛を含むサプリメントを選びましょう。これらの成分をバランスよく含むサプリメントサプリを有効活用して精子の質と運動性を高めましょう。

バランス配合『マキシマムグロウ』

マキシマムグロウ

マキシマムグロウには、妊活中の男性が摂りたいシトルリンやアルギニン、亜鉛などをバランスよく含んでいます。精子の生成を促進する効果と勃起力の向上が期待できます。

マキシマムグロウの詳細はこちら

ホルモンの分泌活性化『VP-MAXプラス』

VP-MAXプラス

シトルリンやアルギニンはもちろんのことマカなどの天然精力増強成分が配合された男性用サプリメントです。男性ホルモンの分泌を活性化し精子の生成を促します。

VP-MAXプラスの詳細はこちら

精子増量『ボリュームピルズ』

ボリュームピルズ

精子の増量に必要な栄養素を豊富に含んだ天然植物から抽出した成分から作られています。精子量を増加させ元気な精子を作るサポートをします。

ボリュームピルズの詳細はこちら

夫婦で取り組む妊活ブログ

実際に夫婦で取り組んだ妊活の記録です。参考にご覧ください。

夫が妊活を開始したのは、私が妊活を始めてから半年後です。きっとすぐに赤ちゃんができるだろうと根拠もなく考えていましたが、なかなか授からず夫婦揃って体質改善を行うことにしました。

まず、夫に真っ先に辞めてもらったのは家での毎日の晩酌です。男性は仕事の付き合いなどもあるのでお酒を一切断つのは難しいですが、まずはすぐにできることから始めることにしました。晩酌の楽しみはなくなりましたが、週末には二人でウォーキングやジムに行くなど、あまり妊活がプレッシャーになりすぎないようにストレス解消もしていました。

そして、栄養面にも気をつけました。やはり男性の妊活といえば亜鉛ですが、食事のみで摂取するのは実際は難しいです。1日に必要な亜鉛は牡蠣8個分、しかも7割が排出されてしまいます。効率良く摂取するために亜鉛サプリは必須だと思います。

その他にも様々なことを実践しましたが、妊活を終えてみて思うのはもっと早く夫婦で妊活を始めたら良かったということです。年齢とともに卵子も精子も老化していきます。貴重な妊活の時間を無駄にしないためにも、男性にも妊活の大切さを知って欲しいです。

カテゴリー