カテゴリー

【精力剤】漢方成分・オットセイのペニスとは?【海狗鞭】

[2013年12月20日]

otto1

サイトのリニューアルにともないコラムも一新してみました。今後もよろしくお願いいたします。

さて、オットセイといえば水族館などで人気のかわいらしいイメージがありますが、実は漢方の生薬として大変価値があるんです。

もとはアイヌ語で「onnep」(オンネプ)とよばれていたのが中国語で「膃肭」と音訳され、オンネプのペニスのことを「膃肭臍」(おっとせい)と呼び、精力剤とされていたんです。のちにオンネプのペニズをさす「おっとせい」がそのまま動物自体の名前として定着してしまったそうです。オットセイ=ペニスと言っても過言ではないんですね。

また、オットセイは一夫多妻制で、一頭のオスに対し何十頭のメスをしたがえ、繁殖期になるとほとんど何もせずひたすら何十頭相手に子作りに励むと言われるそうです。ものすごい精力ですよね。

otto2

そんなオットセイのペニスは「海狗鞭(かいくべん)」と呼ばれ、生薬として血管を拡張させる効果があり、それにより勃起力を促進させます。国内外の博士達にも認められたその効果は、精力の衰えてしまった方にはオススメの漢方と言えるでしょう。

ちなみに余談ではありますが、江戸幕府11代将軍、徳川家斉は絶倫精力の持ち主で、50人以上の子供を作ったそうです。それはオットセイのペニス・海狗鞭を愛飲していたからだそうで、別名「オットセイ将軍」とも呼ばれていたそうです。

オットセイのペニスを配合した精力剤と言えば、当サイト人気ランキングNo.1の「蔵鞭王」があります。

zoubenou

ザルティアとメガリスの比較