カテゴリー

偽バイアグラは「死の薬」その名はゴールドバイアグラ!

[2014年4月15日]

gold_viagra1

ED(勃起不全)治療薬として全男性の救世主として販売されて約20年。バイアグラの今に迫る。

バイアグラは通常、医者の処方箋が必要な処方薬であり、簡単に手が入らない薬である。これは服用者に制限があるものであり、副作用の注意などが必要なことを意味する。(併用禁止な薬があったり、高血圧の方はダメなど。)

しかし今、医者に頼らずバイアグラを手に入れる方法があるのだ。それが個人輸入である。正確には個人輸入代行サイトを利用してバイアグラを手に入れるのだ。この場合医者の処方箋は必要とせず、通常のネット通販となんら変わらない手続きで海外のバイアグラを手に入れることができるのだ。

しかし、ここで重要なことが2点ある。1点目は、完全な自己責任による使用。2点目は偽バイアグラの存在だ。
1点目は好きにやってるんだから責任は自分で持てよ。という話である。確かにその通りであろう。では2点目はどこが重要なのか。偽バイアグラが世界中で出回っている(ネット上の7割は偽物)のはもちろん、その偽バイアグラによって命も危ぶまれるからである。

ここで偽バイアグラとして有名なゴールドバイアグラについて説明する。

ゴールドバイアグラとはバイアグラの成分シルデナフィルを:200mg~800mg含んでいるため効き目は日本で手に入るもののおよそ2~16倍に及ぶ。販売者がいうようにバイアグラよりもかなり「効く」ことは間違いないだろう。ただし、ただでさえ副作用に注意が必要なバイアグラ。その成分が多くなればなるほど副作用も強くなるものである

さらに!その偽造バイアグラの製造環境が劣悪なのだ。当然、製薬会社のような整った完全無菌な場所で製造しているわけでないだけでなく、ゴミ溜めのような清掃も行っていない工場で、サビついた機械を使用。偽造バイアグラの中には成分以外の有毒な化学成分が含まれることも確認されており、使用者に死者も堪忍されている。さながら「死の薬」である。

ここで簡単な見比べ方をご紹介。

本物のバイアグラはメイドイン・フランスorトルコ。成分含有量は100mg、50mg、25mgの3種類(日本では50mg、25mg)。

これ以外の製造国、成分含有量は存在しないのだ。イコールこれ以外の記載がある場合、その個人輸入代行サイト自体を怪しむ必要がある。

ちなみにバイアグラにはインド製のジェネリックがあるが、そちらはまた別の話になるためここでは話に入れない。例:カマグラゴールドパラディグラなど

また、バイアグラに関しては正規品を個人輸入で手に入れても金額面では逆に値が張ってしまう。
素直に病院で処方してもらうのが吉だろう。

偽物をつかまされ効かないばかりか毒を盛られている可能性まであってもあなたはバイアグラを飲みますか?


ザルティアとメガリスの比較

カテゴリー