カテゴリー

偽バイアグラは「死の薬」その名はゴールドバイアグラ!

[2014年4月15日]
gold_viagra1

ED(勃起不全)治療薬として全男性の救世主として販売されて約20年。バイアグラの今に迫る。

バイアグラは通常、医者の処方箋が必要な処方薬であり、簡単に手が入らない薬である。これは服用者に制限があるものであり、副作用の注意などが必要なことを意味する。(併用禁止な薬があったり、高血圧の方はダメなど。)

しかし今、医者に頼らずバイアグラを手に入れる方法がある。それが個人輸入だ。正確には個人輸入代行サイトを利用してバイアグラを手に入れるというものである。
この場合には、医者の処方箋は必要とせず通常のネット通販となんら変わらない手続きで海外のバイアグラを手に入れることができるのだ。

しかし、ここで重要なことが2点ある。

1点目は「好きにやってるんだから責任は自分で持てよ。」という話である。確かにその通りであろう。
では、2点目は「偽バイアグラの存在。」偽バイアグラが世界中で出回っている(ネット上の7割は偽物)のはもちろん、その偽バイアグラによって命も危ぶまれるからである。

ゴールドバイアグラとは

ここでまず、なぜ偽バイアグラとしてゴールドバイアグラが有名になったのかについて説明する。

ゴールドバイアグラが一躍有名になったのは、2016年9月に起こったED治療薬の偽物、約30万錠が押収されるという国内最大規模の偽バイアグラ密売事件である。

中国にある密売組織から韓国を経由して偽のED治療薬を日本に輸入し販売していたのだ。偽バイアグラ工場となったのは大阪のマンションの一室。ここで押収された偽のED治療薬の中に、インクで着色された金色に輝くゴールドバイアグラがあったのだ。

押収したゴールドバイアグラの成分を調べたところ、通常のバイアグラに含まれる成分量をはるかに超える驚くべき数字が算出され話題となった。

さらに!その偽造バイアグラの製造環境が劣悪なのだ。当然、製薬会社のような整った完全無菌な場所で製造しているわけでないだけでなく、ゴミ溜めのような清掃も行っていない工場で、サビついた機械を使用

偽造バイアグラの中には成分以外の有毒な化学成分が含まれることも確認されており、使用者に死者も堪忍されている。さながら「死の薬」である。

バイアグラは、本来EDを治療するために有用な薬であるにも関わらず、このような偽バイアグラが出回ることで『バイアグラは危険なものだ』という情報が蔓延してしまうのである。

バイアグラは、ED・勃起不全を治すためのED治療薬ということだけは間違えないで認識していただきたい。

ゴールドバイアグラの効果・成分

ゴールドバイアグラの成分

ゴールドバイアグラ、バイアグラの主成分であるシルデナフィルを200mg~800mgも含んでいる。日本で販売されているバイアグラ25~50㎎、アメリカなどで販売されているものでも25㎎~100㎎である。

この数字を見てわかるうように、ゴールドバイアグラには尋常ではないほどのシルデナフィルが配合されている。そのため、効き目は日本で手に入るもののおよそ2~16倍に及ぶと言われている。

確かに、販売者がいうようにバイアグラよりもかなり「効く」かもしれない。ただし、薬には適正な量がある。

過剰に摂りすぎた場合は、副作用が強くでたり、場合によっては命の危険にも関わり性行為を行うどころの話ではなくなってしまうことをわかってほしい。

末恐ろしい偽バイアグラに手を出すことだけは控えることが賢明だ。正規品であるバイアグラをきちんと適量飲めば、EDの改善はできる。バイアグラのジェネリックもでている。安価に手に入れることもできるため、偽バイアグラには手をださないようにしてほしい。

バイアグラの偽物の見分け方

ここでバイアグラの偽物の見分け方について簡単に紹介しよう。

本物のバイアグラはメイドイン・フランスまたはトルコ。成分含有量は100mg、50mg、25mgの3種類(日本では50mg、25mg)。

これ以外の製造国、成分含有量は存在しないのだ。イコールこれ以外の記載がある場合、その個人輸入代行サイト自体を怪しむ必要がある。

ちなみに、バイアグラにはインド製のジェネリックがあるが、そちらはまた別の話になるためここでは話に入れない。例:海外では有名なカマグラゴールド高品質なパラディグラなど

インド製のジェネリックも偽物かと聞かれることがあるが、インド製ジェネリックは偽物ではない。ただし偽物が出回っていることもあるため正規品取扱の輸入代行社から購入することを勧める。

ファイザーからゴールドのバイアグラは販売されていない。

ファイザー バイアグラ

ゴールドバイアグラの中には、大手製薬会社ファイザーのマークが入ったものもある。しかし、ファイザーから販売されているものはブルーの錠剤だ。ゴールドのバイアグラは販売していない。

ファイザーでは、偽造防止用にラベルにQRコードを貼ったり、RFIDタグを付けるなど対策が取られている。偽造対策は日々変化しているため一概にこれがあれば偽物ではないとはいいきれないので、最新の情報を手に入れるようにすることが大切だ。

絶対に偽物を買いたくないのであれば病院に行って処方してもらう方が無難だろう。

本物のバイアグラを購入する方法

購入イメージ画像

バイアグラは、EDの治療を目的とした治療薬であり、簡単に薬局で買えるわけではない。基本的には病院で診察を受け処方してもらうものだ。

しかし、診察代や病院に通院する手間を考えると病院に通うのは面倒である。

そういう人には、正規品を取り扱っている個人輸入代行業者を通じてバイアグラジェネリックを買うのが、安くバイアグラを手に入れる手段だ。

バイアグラと変わらない効果で、より安く購入することができるのがジェネリックの魅力である。

⇒正規品バイアグラジェネリックの通販はこちら

偽物をつかまされ効かないばかりか毒を盛られている可能性まであってもあなたはゴールドバイアグラを飲みますか?

カテゴリー