カテゴリー

バイアグラを使ってED治療を行うと副作用が出る?

[2016年4月7日]

viagra

EDは他人にいうことは恥ずかしく、でも直したいという気持ちが強いと思います。
他の人に相談も出来ないし、病院に行くのも恥ずかしいと感じている人が多いです。
EDに効果がある薬で、治療を自分で行うことも出来ます。

ED治療で効果があると言われているバイアグラってどんな薬?

ED治療で効果があるバイアグラは、全世界で初めて認定された治療薬です。
今からだいぶ前の1998年にアメリカで製造され、翌年の1999年に医療用の治療薬として日本でも認可されました。
バイアグラの他にもレビトラやシリアスなどの薬もありますが、認知度や利用者数などは他の治療薬より高いと言われています。
長く愛用されているED治療薬なので、安心して服用することが出来ます。
EDに関して初心者の人には、特におすすめの治療薬となっています。

バイアグラの効果は?

勃起は性器の海綿体に血液が集まることで、硬くなり勃起すると言われています。
満足のいく勃起が起こらなくなるのが、EDの症状の特徴で性行為に自信が持てないという人が多いです。
EDに効果があるといっても、使ってみないとどんな効果があるのか分かりませんよね?
ED治療薬であるバイアグラは勃起不全に効果があると言われていて、徐々に勃起するようになっていきます。

バイアグラが勃起にどう作用するのかというと、環状グアノシン一リン酸という物質の働きに大きく関係しています。
環状グアノシン一リン酸は、勃起するためには欠かせない物質だと言われています。
体内にある5型ホスホジエステラーゼの酵素によって、分解されてしまいその力を失ってしまうという特徴があり、この症状が悪化してしまうとEDになってしまいます。
バイアグラには有効成分である、クエン酸シルデナフィルが配合されています。
このクエン酸シルデナフィルが、5型ホスホジエステラーゼを抑える働きがあります。
環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぐ効果があるので、EDの治療薬として有効的ということになります。
この分解を防ぐことで、勃起の機能を正常化に戻していく効果を得ることができるようになっていきます。

この治療薬でEDを治していく場合、刺激を受けた段階で正常に勃起させる効果があり、刺激を受けないままでは勃起することはありません。
バイアグラは勃起する作用を、補助するための薬だと考えられています。

バイアグラを飲んでから効果持続時間と副作用

バイアグラを服用してから効果を感じられる時間は、5~6時間程度だと言われています。
服用する人の体質やコンディションによっても変わってきますが、平均の時間はこのくらいです。
バイアグラは食事の影響を受けやすいという特徴があるので、薬の効果を最大限に発揮したいのであれば空腹のときに使用するのが一番良いでしょう。
バイアグラを服用するタイミングは、性交渉を行う1時間前くらいに服用するのが効果を発揮することが出来ると言われています。

また、バイアグラは副作用があることも知られています。
バイアグラを服用している人の9割が、副作用を感じているというデータもあります。
副作用では顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸、鼻づまりなどが起こります。
バイアグラの成分に対して、アレルギー反応が見られる場合もあるようです。
アレルギーが出てしまったことがある人は、バイアグラの治療薬で治すことは難しいので病院での治療をオススメします。

バイアグラは心臓や血管などに異常がある場合や、肝機能障害が起きてしまっている人は飲むことが出来ません。
この状態でバイアグラを服用してしまうと、症状が悪化してしまったりする可能性もあります。
また、この状態の人がバイアグラを服用すると、命にかかわる副作用が出てしまうこともあるので注意が必要です。
バイアグラと併用することができない薬も存在し、自分では判断することが難しいので他の薬と併用する場合は、やはり病院で詳しく聞いた方がいいと思います。


ザルティアとメガリスの比較

カテゴリー