カテゴリー

EDかもしれない!自分でできる改善方法が知りたい!!!

[2016年4月26日]

ed-improvement

現在、EDで悩んでいる男性は成人男性の4人に1人と言われていて、軽度EDから完全EDも含めると、成人男性の約8割がEDの悩みを抱えているようです。

原因によりEDは4つのタイプに分けられますが、基本的に、勃起不全は血行不良によって陰茎海綿体まで血流が届かないことが原因とされています。

その要因は様々ですが、EDを改善するためには、体内環境の改善が大前提です。

そこで、自分でできるED改善方法を調べてみたいと思います。

4つのEDタイプとは!?

EDは、基本的に下記の4つのタイプに分けられています。

  • 血管や神経に障害がある場合の器質性ED
  • ストレスや鬱などの心因性ED
  • 特定の薬を服用している場合の薬剤性ED
  • 複数の要因がある場合の混合型ED

年齢により当てはまるEDタイプが異なりますが、EDの原因を1つに特定することは難しいため、混合型EDに当てはまる男性が多いようです。

まずは体質改善から!

EDと聞くと、バイアグラなどの治療薬を使用しなければならないと思いがちですが、勃起不全は血行不良による血流低下によるものですから、血流の改善を促すことでEDの改善にもつながります。

EDに悩む男性は、生活環境や食生活が乱れているというケースが多く、栄養の偏りや運動不足、飲酒や喫煙などの要因からEDが起こりやすくなっているといえます。

まずは食生活を改善し、血液をサラサラにする効果のある食材を普段の生活の中に取り入れるようにしましょう。

<血栓の予防や血液中のコレステロールを除去する効果のある食材>

  • 大豆製品(納豆など)
  • タマネギ
  • にんにく
  • 生姜
  • 梅干し
  • きのこ
  • 緑黄色野菜
  • 海藻
  • ヨーグルト
  • ピーナツやアーモンド
  • ごま油
  • オリーブオイル
  • みかん
  • オレンジ
  • 緑茶

上記に挙げた食材であればどこにでも売られていますし、ED改善だけでなく病気予防にもつながりますので、積極的に取り入れることをオススメします。

運動不足もEDの敵!

血液サラサラ以外にも大事なことがあります。

運動不足は病気のリスクを高めるといわれますが、日常生活の中に適度な運動を取り入れることは、性欲減退の改善やストレス発散効果、リラックス効果が期待できます。

特に、勃起力を高めるためには男性ホルモンを活性化させなくてはいけませんが、適度な運動は、男性ホルモンの1つであるテストステロンの分泌を促す効果があり、ED改善にはとても有効的だといえます。

過度の運動では逆効果になってしまう場合もありますから、ED改善(テストステロンを増やす)に効果的な方法を調べてみるといいかもしれません。

精神的なストレスの緩和

EDタイプの1つに“心因性ED”がありますが、肉体的な障害がないのにも関わらず勃起不全になることをいいます。

このタイプは、日常生活でのストレスが原因になるケースや、性的な事に関してのトラウマやプレッシャー、うつ症状がある方に多く、そういった要因からEDの症状が出たことで、さらにストレスを感じてしまい、EDを悪化させてしまうという悪循環に陥りやすくなります。

心因性EDの治療には薬の服用が挙げられますが、根本的には、運動してストレスを発散させることや、ストレスを感じないような生活へ変えていくなどの、ストレスフリーな生活を心がけることも1つの方法です。

そのためにはパートナーの協力も必要になるでしょうし、良く話し合い、お互いEDに対しての理解を深めることも大事だと思いますよ。

まとめ

EDを改善するには治療薬に頼るしかないと思われがちですが、生活習慣や食生活を改善することでEDの原因のもとである血行不良を改善できることもあります。

体内環境を整えることは病気のリスクを減らすことにもつながりますし、体の調子が良くなるという事は、精神的なストレスの緩和にも影響を及ぼします。

身体と精神的な面の双方が健全でなければEDを根本的に改善することにはなりませんから、規則正しい生活環境と、適度な運動、栄養バランスのとれた食生活を心がけるようにしたいものですよね。

カテゴリー