カテゴリー

EDの5つグレード!それぞれの治し方

[2016年2月8日]

EDが増えている背景

現在、日本人の4人に1人とも3人に1人とも言われており急激にEDが増えている状況です。
単に高齢化が進んでいるという理由だけでなく若年性のEDも増えてきており少子化も進む日本においてED患者の増加は死活問題とまで言えます。

少し大げさかもしれませんが、症状が出ているのにそのままEDを放っておいたらEDは更に進行してしまい手遅れになってしまう場合もあります。
そこで今回は、EDの進行状況を確認するのにとても簡単に確認できるEHSという勃起の硬さ指数を測定し、その結果それぞれに合ったEDの治し方を紹介していきたいと思います。

ed-grade

EDグレードは全部で5つ

グレード0、陰茎は大きくならない

一番極度のEDの症状が出てしまっている深刻な状態です。どんなに性的に興奮をしても陰茎は全く反応しない状態です。平常時と変わらず微動だにしない場合はグレード0です。また、興奮した時に限らず、手や口などを使ってもらい性的刺激を受けても興奮もしないで勃起もしないという状態もこれにあたります。
「×」

グレード1、陰茎は大きくなるが、硬くはない

性的に興奮をして、陰茎が膨張するも、触ってみると硬さは平常時とほぼ変わらない状態です。見た目だけ大きくなったかなというところです。陰茎の持続力がなく勃起し始めても途中で萎えてしまうという場合もグレード1になります。
「こんにゃくレベル」

グレード2、陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない

性的に興奮をして、勃起するも挿入が困難で、なんとか挿入出来てもピストン出来る程硬くない状態です。中途半端に勃起するので一番生殺しに近いとも言われています。あともう少し硬くなればといつも歯がゆい思いをしてしまい、中折れも頻繁に起こるのがグレード2です。
「みかんレベル」

グレード3、陰茎は挿入には十分硬しが、完全には硬くはない

性的に興奮して、勃起も挿入に問題ない状態まで硬くなるのですが、硬さはイマイチで少し軟らかい状態です。時々失敗するという方はこれに当てはまる場合がほとんです。普段はそれほど問題になることもありませんが、体調などによっては稀に中折れも起こるのがグレード3です。
「グレープフルーツレベル」

グレード4、陰茎は完全に硬く、硬直している

性的に興奮して、勃起も完全に硬直し中折れすることもなく、所謂カチカチという状態です。セックスでもオナニーでもビンビンになって非常に元気です。生殖機能に全く問題のないのがグレード4です。
「りんごレベル」

それぞれに合ったEDの治し方

りんごレベルの方は、とても素晴らしいです。このまま精力を維持していってください。衰えを感じたりしたときは、栄養補給と休息を意識すればほぼ問題ないでしょう。

グレープフルーツレベルの方は、まだ大丈夫と言えば大丈夫ですが、放っておくと挿入が出来なくなったり中折れが頻発するなど一気に転落してしまう危険もあります。
スクワットなどの下半身の筋トレをして陰茎に血液を送り込む力を高めたり、高タンパク低脂質の健康的な食事を心掛けましょう。また、時々起こる中折れが飲酒時だという場合はお酒の量を抑えることは必須となります。飲み過ぎは勃起力をどんどん低下させていってしまいます。

みかんレベルの方の治し方は、運動や食生活の改善などだけでは簡単に治りません。精力増強サプリを使うなどして根本的に体質改善をしましょう。男性ホルモン値を高めるためのアミノ酸やミネラルを高含有のサプリを選ばないと効果が出ないと泣きを見ることになるのでご注意ください。

こんにゃくレベルの方の治し方は、少し難しいかもしれませんが治すことは可能です。そもそも誤魔化すことも出来ず性行為からは逃避しているという方が多いと思います。しかしまだ希望を持っていて満足のいく性行為がしたいと思うなら漢方精力剤ED治療薬を試してみましょう。個人差もありますがかなり良い結果が出ると思われます。下半身に元気を取り戻しても長らく性行為から離れていた方は、前もって体を動かしたりストレッチをするなどして、しっかり動く準備をしておくことも忘れないでください。体力の無さで萎えてしまうこともあり得ます。

全く反応しないという方の治し方は、既に性欲がないのであれば無理にとも勧められませんが、ED治療薬で勃起出来る可能性はまだあります。まだ性欲はあるのに勃起出来ないというなら、諦めないで治療してみることをお勧めします。性生活の欠落したライフスタイルを変える良いきっかけになるでしょう。もちろん性行為に臨む前にそれに耐えられるだけの体力をつけておく必要はあります。普段から運動をする習慣も取り入れましょう。

EDは治る

EDというと恥ずかしくて人に言えることでもなく、どうやって治したらいいかわからない方も多いと思います。初めて中折れを体験した時はその時たまたま体調が悪かったからとか、緊張してたからとか、相手が悪かったと理由をつけ、次回は大丈夫だろうと問題を放置する方が多いと思います。そして実際その次回が来た時に上手くできたとなれば自分はEDではないと早合点をしてしまうことでしょう。しかし固さが十分でなかったり中折れしたり、挿入できなかったなんて状況は、陰茎に問題がなければそうそう起こることではありません。問題を放置せずしっかりと向き合って早期解決していくことでより一層EDを簡単に治すことができます。しっかりとEDと向き合えばどんなグレード、レベルの方もそれぞれにあったEDの治し方を実践して改善へと向かうでしょう。諦めないで自分の状態を見極め、それにあった行動をしてみてください。

カテゴリー