カテゴリー

0カロリーは勃起不全に気を付けろ?!

[2015年9月16日]

0カロリーの人工甘味料は逆効果?!

ダイエットや健康維持、生活習慣病予防などのために普及して一般的になってきた人工甘味料ですが、新たな研究で耐糖能異常が起こる事が発見されました。
耐糖能異常というのは、血糖値を下げるインシュリンの働きが弱まり食後の血糖値が急上昇してしまう、糖尿病の予備軍状態のことです。

artificial_sweetener

ダイエットや糖尿病予防を目的にカロリーオフ、カロリーゼロと表記された人工甘味料大量添加の商品は、全く逆の効果を生んでしまう可能性があります。

イスラエルのワイツマン研究所でエラン・エリナフ博士とエラン・シーガル博士らによって行われた研究では、市場に出回ている人工甘味料のサッカリン、スクラロース、アステルパームなどが0カロリーであっても耐糖能異常を引き起こすことを、マウスとヒトで証明しました。

この研究チームでは砂糖を0カロリーの人工甘味料に替えても体重が減少しない原因を長年に渡って研究してきました。その研究では、人工甘味料の大半が吸収されずに腸に到達し腸内細菌に影響を与えることに注目しました。
その結果、人工甘味料を摂取すると腸内細菌の構成が、肥満や糖尿病を引き起こしやすい状態に変化していることを発見しました。

5日間で57%も耐糖能異常?!

さらにアメリカ食品医薬品局(FDA)が定めている1日当たりの最大摂取量の人口甘味料を5日間摂る実験では、約57%の人に著しい耐糖能の低下が認められ、腸内細菌の構成が大きく変化していることがわかりました。

0カロリーという言葉に惑わされて糖尿病になってしまっては悔しい思いをしてしまいます。砂糖に限らず、人工甘味料も控えた方がよいでしょう。

糖尿病患者の80%が勃起不全を併発!

そして糖尿病になると約80%の人が勃起不全を併発するという結果もあります。高血糖の状態が続くと動脈硬化が進み、最初に毛細血管の多いペニスから症状が出ます。
もちろんさらに病状が進めば失明したり腎不全となり人工透析を受ける必要まで出てくる場合もあります。

糖尿病の恐ろしさは、その前兆の少なさにあります。自覚症状がないまま病気が進行してしまい、一番最初に影響を受けやすいのが勃起不全です。

早めの治療で快適性活!

しかし安心して下さい。万が一に糖尿病で勃起不全になってもそこで早めに治療を行い進行を遅らせれば、健康に近い状態を維持できます。
さらにED治療薬を使って失われた勃起力を取り戻すことも出来ます。
基本的に糖尿病の薬と併用が出来ますが、病状によっては薬が効きにくい場合もあり、そういったときはかかりつけの医師に相談の上、高用量のED治療薬を試してみるのもよいでしょう。

カテゴリー