カテゴリー

アルギニンを多く含む食品!アルギニンの効果、摂取目標

[2016年1月27日]

syokuhin

成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸として大人気のアルギニンですが、精力剤にもよく使われている成分です。
よく耳にするけど効果はどんなものがあるかわからないという方のために、まずアルギニンについて説明します。

アルギニンの効果

アルギニンを摂取すると代謝が上がるためダイエットに効果的です。免疫力向上成長を促す効果もあるので筋肉増強中の方にもとても重要な栄養素です。体を成長させる成長ホルモンの分泌を促すことから子供が身長を伸ばすためやアスリートが記録を伸ばすためにも利用されます。

またアルギニンには、血管内に一酸化窒素を増やし血管を拡げる働きがあります。それによって高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防を期待できます。血管の老化防止し病気や体の老化も防ぎ、体の健康を維持するために積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

⇒アルギニンを多く含む人気サプリはこちら

精力増強にアルギニン!!

男性の体イメージ画像

アルギニンは、ペニスの勃起にも深く関係しています。勃起不全はペニスの血流が滞ることが原因となる場合がありますが、アルギニンにはペニスの毛細血管を広げ勃起不全を改善する効果があります。

ペニスの血流が増加することで勃起力をアップさせ、太く硬く勃起できるようになりペニス増大の効果も期待できます。
そのため、ペニス増大サプリや精力剤には必ずと言っていいほど配合されています。

さらにアルギニンは、精液の約8割を構成するアミノ酸です。精子の量を増やし、精子の質も上げてくれ男性の不妊対策・妊活にはとても大切です。

アルギニンの摂取目標

そんな良いことばかりのアルギニンですが、1日にどのくらいの量を摂取すればよいのかというと、一般的な方であれば5,000mg以上が摂取の目標になります。

ハードな運動をされる方やアスリートの方であれば10,000mg以上の摂取するとよいでしょう。中には2,000mg程度でも効果を感じる方もいますが、医療現場ではさらに多く投与されており、多く取っても副作用が少ないという特徴がありますので積極的に摂っていきたい栄養素です。

精力と男性の活力アップをお考えの方はアルギニンと併せて、シトルリン亜鉛などの栄養素も一緒に摂取することをお勧めします。

アルギニンを食品から摂るには

アルギニン摂取量イメージ画像

アルギニンの素晴らしい効果に、少ない副作用、なるべく多く摂取した方がいいということがわかっていただけたと思いますが、アルギニンはどんな食品に含まれているのでしょうか?
アルギニンを多く含む食品を紹介していきます。

アルギニンを多く含む食品一覧

鶏肉 アルギニン含有量(mg/100g辺り)
鶏むね 1,500㎎
砂肝 1,300㎎
鶏もも 1,300mg
鶏レバー 1,200mg
卵(卵黄) 1,200mg
豚肉 アルギニン含有量(mg/100g辺り)
豚ゼラチン 7,900㎎
豚ロース 1,500㎎
豚ひき肉 1,200mg
豚レバー 1,100mg
牛肉 アルギニン含有量(mg/100g辺り)
牛ひき肉 1,300㎎
牛レバー 1,200㎎
牛サーロイン 1,200mg
牛タン 1,000mg
豆・ナッツ類 アルギニン含有量(mg/100g辺り)
干し湯葉 4,400㎎
高野豆腐 4,100㎎
落花生 3,200mg
きな粉 3,000mg
ごま 2,700mg
そらまめ 2,500mg
ピスタチオ 2,000mg
カシューナッツ 2,000mg
アーモンド 2,000mg
油揚げ 1,500mg
魚介類 アルギニン含有量(mg/100g辺り)
かつお節 4,300㎎
しらす干し 2,400㎎
伊勢海老 2,000mg
車海老 2,000mg
毛蟹 1,500mg
マグロ 1,400mg
1,300mg
かつお 1,300mg

⇒アルギニンを多く含む人気サプリはこちら

アルギニンを食品から摂るなら肉類・魚類がベスト

肉と魚イメージ画像

アルギニンは基本的にタンパク質を構成するアミノ酸の一種なので、タンパク質を多く含む食品に多いということになります。
一見アルギニンがとても多く含有していると思われる豚ゼラチンや干し湯葉、高野豆腐、かつお節は100gも摂るのはかなり難しい食品です。

肉類やマグロや鮭などであれば、100~200gならご飯のおかずに食べられますが、あまり大量に摂るとカロリーも気になり多くは食べることはできません。

ただ注意したいところが、食品に含まれているアルギニンは消化されすべてが体内に吸収されるというわけではありません。ちょっと多めかなというくらい摂っても摂取目標には届かないくらいです。

足りない分はサプリメントなどから補給する方が効率よくアルギニンを補給することができます。アルギニンを多く含む食品とサプリを上手に組み合わせて利用してみてください。

⇒アルギニンを多く含む人気サプリはこちら

アルギニンはビタミンB群と一緒に摂ろう!

鶏むね肉イメージ画像

そしてアルギニンを摂る際にはビタミンB群を併せて摂るようにしましょう。アルギニンの吸収率が格段に上がります。トータルで考えるとカロリーを低く大量に食べられ、ビタミンB群を多く含む鶏むね肉は一番アルギニン摂取に向いている食品と言えます。

⇒アルギニンを多く含む食品を使った簡単レシピはこちら

アルギニンを食品から摂るには限界がある

毎日鶏むね肉を食べ続ける訳にもいきません。食品でのアルギニン摂取には限界があります。また食品の中に含まれるアルギニンはタンパク質を構成する形で存在するので単体で摂るよりも消化吸収の効率が悪くなってしまうのです。

そのため毎日5,000mg以上のアルギニンを食品から摂るには相当な量の食品を摂らない限り不可能で、現実的にはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこでお勧めなのがアルギニン等の有効成分を多く含んだ精力増強サプリメントです。

⇒アルギニンを多く含む人気サプリはこちら

アルギニンの副作用

胃イメージ画像

アルギニンは男性の体にいいことはわかりましたが、摂りすぎたらどんな副作用があるのかというところが気になところです。適量であれば特に副作用を心配する必要はありません。

過剰な摂取は消化器官に負担が掛かりますので、体調を見ながら副作用が出ない程度に調整しながらアルギニンを摂取するようにしてください。

アルギニンは、強アルカリ性であるため胃の弱い人や過剰に摂取すると胃に負担がかかり胃痛や下痢などの症状がでる場合があります。極力アルギニンの副作用がでないようにクエン酸で中和させアルギニンの副作用を極限まで抑えてあるサプリもありますので、副作用を気にされる場合はクエン酸入りのサプリを選んでみてはいかがでしょうか。

アルギニンを多く含むサプリメント

アルギニンを多く含む精力増強サプリメントの中でも特にアルギニン含有量が多いオススメのサプリをご紹介していきます。

高配合!!アルギニン600㎎『プライムモンスター』

プライムモンスター

プライムモンスターは、アルギニンの配合量は精力増強サプリメントの中でトップクラスです。スタミナアップ、精力増強、勃起力の向上まで男性器のはたらきを活性化する効果はピカイチ!!

また、胃の負担にならないようにクエン酸を加えることで胃痛や下痢などの副作用がでないように抑えられているのも飲みやすいポイントです。

プライムモンスターの詳細はこちら

アルギニン260㎎配合『マキシマムグロウ』

マキシマムグロウ

精子増量、精力増強、ペニス増大に優れているので男性機能を高めるには若者からお年寄りまで使えるアイテムとなっています。

マキシマムグロウの詳細はこちら

アルギニン120㎎配合『メガマックスウルトラ』

メガマックスウルトラ

ペニス増大サプリの中でも知名度の高いメガマックスウルトラにもアルギニンはしっかり配合されています。勃起力と精力の増強に効果てきなアルギニン含有サプリメントです。

メガマックスウルトラの詳細はこちら

アルギニン120㎎配合『VP-MAXプラス』

VP-MAXプラス

シトルリンやアルギニンはもちろんのことマカなどの天然精力増強成分が配合された男性用サプリメントです。男性ホルモンの分泌を活性化し精子の生成を促します。

VP-MAXプラスの詳細はこちら

健康作りから性機能の向上効果の高いアルギニンを含む精力増強サプリで、効率よくアルギニンを摂って力強い男性になりましょう!!

アルギニンは加齢とともに減っていく。

加齢イメージ画像

アルギニンは、食品から摂取したり体の中で作られたりして我々の体の健康を保っています。しかし、加齢とともにアルギンの生成量はどんどん減ってしまいます。もともとアルギニンは体内で生成される量は少ないため、それがさらに少なくなるということはその分を食品やサプリメントで補給しなければ、体は衰えていってしまう一方なのです。

⇒アルギニンを多く含む人気サプリはこちら

アルギニンはヘルペスには良くないってホント!?

アルギニンの摂りすぎはヘルペスに良くないって聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ヘルペスは、臨床実験において関係性があるとはっきり証明されたものはありません。

アルギニンには、体の免疫を高める効果もあるためアルギニン濃度が高い場合にはヘルペスウィルスの増殖が防げるという臨床結果もあったりします。

ヘルペスの場合、アルギニンよりもリジンの量が大切です。リジンの量が減るとヘルペスが発症しやすいと言われており、リジンとアルギニンを4対1の割合で摂取することがヘルペスの改善には理想的です。

リジンは、鶏肉や牛肉、魚、乳製品に多く含まれています。ヘルペスの予防にはリジンもしっかり摂取するようにしていきましょう。

子供の成長とアルギニンについて

子供の体から大人の体へと成長していく高校生のときには、体のタンパク質をつくるアルギニンやシトルリン、ビタミンをバランスよく摂っておくことが大切です。

タンパク質が不足すれば、筋肉の成長や体の成長に関係してきます。ペニスの大きさは遺伝的な要素もありますが、栄養不足も関係してきます。この時期にバランスよく栄養素を摂ることは健康にも男性機能の活性化にもとても重要なのです。

アルギニンを多く含む食品と野菜などのビタミン・ミネラル類をバランスよく摂るように心がけましょう。

アルギニンを多く含む食品を使った簡単レシピ

鶏むね肉のさっぱり焼き

アルギニンを多く含み、さらにビタミンB群を多く含む鶏むね肉を使った簡単レシピです。

材料

  • 鶏むね肉 200g
  • お酒 適量
  • 片栗粉 大さじ1
  • 塩・コショウ 少々
  • ポン酢 適量

作り方はとっても簡単です。鶏むね肉をそぎ切りにし、塩コショウで下味をつけます。お酒を大さじ1をかけもみ込みます。その後片栗粉を鶏肉にまぶして、油をひいたフライパンで焼くだけです。

最後にポン酢を適量かけていただければ完成です!お好みで柚子胡椒などの薬味を添えてもらっても美味しいですよ。

かつお節と塩昆布おにぎり

魚を焼くのも面倒という方はアルギニンを多く含むかつお節をつかったおにぎりなんていかがでしょうか。シンプルなおかかにぎりも美味しいですが、ちょっと一工夫して塩昆布を足してみてください。ビタミンBやミネラルを含む昆布はアルギニンの吸収をサポートしてくれますよ。

材料

  • かつお節 1パック
  • 塩昆布 適量
  • 白ご飯 1膳
  • しょう油 少々

ご飯にかつお節と塩昆布を混ぜて握るだけです。塩昆布に塩分があるため、味が足りないと思ったらしょう油を少し足してみてください。

カテゴリー