カテゴリー

10年以内に35%がなるED、発症率を下げるフラボノイド!

[2016年2月16日]

flavonoid

35%の男性が10年以内にEDを発症

食生活とED発生率の関係について、アメリカで25,096人の男性を対象に行われた10年に渡る長期追跡調査でEDを予防できる食べ物が判明しました。
10年間の追跡でEDを発症したのは35.6%でしたが、フラボノイドを含む果物を多く摂っていたグループではそれよりも14%発症率が低かったことがわかりました。特にフラボノイドの一種であるアントシアニン、フラバノン、フラボンを多く含む食品を摂っていた人でEDの発症率が低い傾向がわかりました。

続きを読む

定番精力剤マムシドリンクって効果あるの?

[2016年2月11日]
mamusi

精力を付けるイメージが強いマムシドリンクですが、実際のところはどうなのでしょうか?
今回はマムシドリンクについて詳しく紹介します。

続きを読む

精力増強トレーニング!精力剤より効く?!

[2016年2月9日]

training

精力向上のため、勃起力向上のためのトレーニングが中高年を中心に流行っています。
多くの男性が40代を境に勃起した性器に若い頃との違いを感じ、射精した際の感覚も弱まり射精感への不満が増え、さらには挿入出来る程硬くならなくなったり、中折れしてしまうのではないかという不安感を常に抱えているため、それを改善するためのトレーニングをしているのです。

続きを読む

EDの5つグレード!それぞれの治し方

[2016年2月8日]

EDが増えている背景

現在、日本人の4人に1人とも3人に1人とも言われており急激にEDが増えている状況です。
単に高齢化が進んでいるという理由だけでなく若年性のEDも増えてきており少子化も進む日本においてED患者の増加は死活問題とまで言えます。

少し大げさかもしれませんが、症状が出ているのにそのままEDを放っておいたらEDは更に進行してしまい手遅れになってしまう場合もあります。
そこで今回は、EDの進行状況を確認するのにとても簡単に確認できるEHSという勃起の硬さ指数を測定し、その結果それぞれに合ったEDの治し方を紹介していきたいと思います。

ed-grade

続きを読む

知ってれば失敗しない!勃たない原因と改善方法!

[2016年2月5日]

tatanai

勃たない男性が今増えています。一昔前まで勃たないというのは高齢者の悩みだったのに、今では20代前半の若者も勃たないと悩んでいるのです。
勃たない原因はなんなのでしょうか?勃たない原因を突き詰めて解決法を見つけましょう。

続きを読む

今大注目のアダプトゲン、パフィアの効果と副作用

[2016年2月3日]

Pfaffia

パフィアとは、南米アマゾン川流域に自生するヒユ科の植物です。
大ききもので2メートルにまで伸びる根を生薬として利用します。高麗人参にも似たその見た目から「ブラジル人参」とも呼ばれます。他にも「スマ」「アマゾン人参」などとも呼ばれています。
現地では少なくとも300年以上前から利用され、様々な効能が期待できるためブラジルでは「パラトーダ」という、全てに役立つという意味の名前を持ちます。
そんな南米に伝わるハーブが今とても注目を集めているのでご紹介します。

続きを読む

備えあれば患いなし市販のアフターピルを常備しよう!

[2016年2月1日]

after-pill

前回、低用量ピルを服用中の中出しはコンドーム装着のエッチより避妊率が非常に高いというお話をしましたが、低用量ピルは毎日服用が必要で急な避妊の失敗には対応できないという欠点があります。
実際、低用量ピルを服用している日本人女性は3%以下という状況から、たまたま避妊を失敗してしまった相手がピル服用中なんていう幸運は奇跡に近いのです。

では万が一、コンドームが破れた、コンドームを膣内に置いてきて漏れてしまった、酔った勢いでコンドームを付け忘れたっぷり中に出してしまったなんていう、快感の末の悲劇に見舞われた場合、アフターピルを急いで服用しましょう。

続きを読む

カテゴリー